• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【高田延彦連載4】野球に代わってプロレスに夢中

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【高田延彦連載4】野球に代わってプロレスに夢中


高田延彦統括本部長

【高田延彦統括本部長が告白する激動の人生「Road to RIZIN〜出てこいや!〜」4】うちは父親よりも母親のほうが背が高かったんです。幼稚園の入園式の写真とか見ると、ほかのお母さんより頭がひとつ出ていました。親父は身長160センチないくらい。真面目な人で「無遅刻無欠勤」の賞状が何枚もあった。「曲がったことが嫌い」っていうのが口癖で酔っ払うとよく言ってましたね。

 日本酒をレンジでチンして熱かんにして飲みながら、こたつでそのまま寝ちゃうような人でした。でも、酒豪のうちには入らない量でしたね。体も小さかったから…。私の酒豪は突然変異じゃないですか(笑い)。こんな業界に入ったせいもあるし、完全に後天的な酒豪ですね。

 話がそれましたが、もともと私は野球少年でした。でも中学に入ってすぐに親父が一度病気で倒れてしまい、親戚に預けられて通学時間が長くなっちゃったんです。それで中学に入ってすぐに野球は辞めました。小学6年生の時に長嶋茂雄さんが引退して、野球への熱が冷めていましたしね。

 野球熱と入れ替わるように、プロレスにのめり込んでいきました。当然「レスラーになろう」なんて気持ちはなかったし、なれるわけないとも思っていた。でも「猪木すげーなー、猪木かっこいいなー」という気持ちがすごくあった。そのころは金曜夜8時に新日本、土曜夜8時に全日本と毎週(地上波放送で)見られた。今と環境は違うし、ゴールデンタイムでやってるんだから、与える影響力も違う。スーパースターを作りやすいですよね。

 そういう状況だからむくむくとアントニオ猪木への憧れが膨らみ始めた。あのころはビル・ロビンソン、ストロング小林、タイガー・ジェット・シン、スタン・ハンセンと名勝負を連発していましたから。大木金太郎さんとの試合もよく覚えています。

 その後は異種格闘技戦ですよね。私が中学に入ったころから始まって2年生の時にモハメド・アリ戦(1976年)があった。異種格闘技戦はやっぱりスペシャル感があった。やけに多いセコンドがピリピリ感を醸し出していて、いつもと違う空気が画面から伝わってきた。今振り返ると「そこの伝え方がうまかったなあ」と思うんです。イベントの雰囲気というか「ヤバい感じ」が、テレビを通してちゃんと全国の人に伝わっていた。

 とはいえその時期はあくまでも見る側。レスラーになろうなんて思いもしなかった。そんな私がレスラーになることを決意した日。それは中学2年の冬だったと記憶しています。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!