• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】内藤の正論攻勢に棚橋“惨敗”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】内藤の正論攻勢に棚橋“惨敗”


舌戦では内藤(左)に完敗を喫した棚橋

 新日本プロレス1月4日の東京ドーム大会でIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也(34)に挑戦する棚橋弘至(39)が7日、早々と土俵際に追い込まれた。この日の会見では、過去のファン投票問題をはじめ、正論尽くしの内藤発言にぐうの音も出ずに惨敗…。加えて棚橋にとって大きなリスクとなるのは、決戦の舞台が東京ドームという点だ。もしここで敗戦となれば、全てを失いかねない理由とは――。

 

 この日、対戦が正式決定した両雄は会見で同席した。発表済みのIWGPヘビー級王座戦(王者オカダ・カズチカVS挑戦者ケニー・オメガ)に匹敵する大一番だけに、2014年大会前以来のファン投票復活もささやかれていた。

 

 しかし内藤は「棚橋は7年連続メーンイベントとかいうくだらない記録のために俺の前に出てきた。ファン投票は、僕は望みませんよ。メーンに出たいんだろ? じゃあお前の口で『やろう』って言ってみろ。棚橋が言えば会社は動く」と真っ向から否定。「あくまでメーンはIWGP戦であるべき」という3年前からのブレない主張を繰り出した。

 

 こう言われてしまっては、さすがの棚橋もエゴイストに徹しにくい。回答を“保留”としながらも「棚橋1人が騒いでどうなる問題でもないのかな。それ(記録)以上に大事なものがあるんじゃないかって気づきかけてます」と事実上の白旗宣言だ。「セミはセミ。ダブルメーンなんて理解に苦しむ表現方法は撤廃すべき」などと、その後も続く内藤の正論攻勢に、ついには「いいこと言うよね…」と同調する始末だった。

 

 米大統領選挙公開討論会におけるドナルド・トランプ候補(70)ばりの“惨敗”を喫し、早々と形勢不利に追い込まれた棚橋は「(オカダとIWGP戦を行った)今年よりもリスキーな戦いになったな。100かゼロか。(負けたら)内藤、オカダ時代じゃないですか?」と悲壮な表情を見せた。実はこれだけ大口を叩く内藤も、過去のドーム大会においてはシングル5戦全敗。メーン5連勝の記録を保持しドームを“ホーム”としてきた棚橋が初白星を奪われてしまえば、もはや世代交代は避けられないというわけだ。

 

 今年1月にはオカダに敗れてついに主役を譲った棚橋は、制御不能男によって引導を渡されてしまうのか。「内藤はレスラー像を極めつつある。裏を返せば、ドームで勝てば来年は俺の年になる」。1・4決戦は、棚橋のレスラー人生を左右する大一番となりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!