• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】オカダ 11・5大阪決戦でケニーの「トラウマ」呼び起こす

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】オカダ 11・5大阪決戦でケニーの「トラウマ」呼び起こす


オカダは大阪決戦でケニーにダメージを与えるつもりだ

 新日本プロレスは31日、11月5日大阪大会の全カードを発表した。来年1月4日東京ドーム大会でケニー・オメガ(33)とのV2戦に臨むIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(28)は、8人タッグマッチでの前哨戦が決定。この一戦をドーム決戦に向けて最初の天王山と位置付けるオカダは“こう着状態”からの突破に闘志を燃やした。

 

 G1覇者とのドーム頂上決戦に向けて、大阪決戦での前哨戦が決定。今回はカード決定から王座戦まで約3か月という長い期間が空く。しかもケニーとは初のシングル戦とあって、心理戦が続いている。「戦っていて新鮮な感じはしますね。棚橋(弘至)さんは何回もやっていていろいろ分かっていた状態だったのが、ケニーは知らないですから」とお互いに手の内を隠し合っている状態だ。

 

 そんな中でオカダは今回の一戦を重要なターニングポイントに位置付ける。「ワールドタッグリーグ(18日、後楽園で開幕)が始まるし、その期間は前哨戦が組まれないかもしれない。プロ野球でいうと、交流戦前最後の公式戦みたいなものじゃないですか。王者のすごさを改めてケニーとお客さんに分からせて、ここで(挑戦者に)悪い印象を与えたい」と、主導権を奪えば長期的な優位につながると分析。ジュニア時代のケニーにタッグ戦で2度浴びせたレインメーカーで、トラウマを呼び起こすつもりだ。

 

 その大阪決戦ではタッグパートナーのYOSHI―HASHIが、石井智宏とのコンビでIWGPタッグ王者のタマ・トンガ、タンガ・ロア組に挑戦する。ベルト奪取した場合、オカダはタッグリーグで正パートナー不在となる可能性もあるが「バレットクラブを勢いづかせたくもないですし。オカダがどうこう気にしないで、勝ってほしいと思います」とエール。11・5大阪は、あらゆる意味でオカダの今後を左右する大一番となりそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!