• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本・両国】NEVER王座V3・柴田 挑戦者候補が次々名乗り

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本・両国】NEVER王座V3・柴田 挑戦者候補が次々名乗り


試合後、挑戦を表明してきた潮崎(右)と視殺戦を展開した柴田

 新日本プロレス10日の東京・両国国技館大会でNEVER無差別級王者の柴田勝頼(36)が、カイル・オライリー(29)を下して3度目の防衛に成功した。試合後は勝利の余韻に浸る間もなく、次期挑戦者候補が次々と名乗り。胸椎負傷から復帰した王者だが、安息の日はしばらく訪れそうにない。

 

 柴田は9月12日の後楽園大会で胸椎を負傷。それでも大田区大会(17日)には強行出場を果たし、ボビー・フィッシュ(39)を撃破してV2に成功した。しかしケガを悪化させ、その後は再び欠場。この日の防衛戦は“ぶっつけ本番”の復帰戦となった。

 

 コンディションに不安を残す柴田は、やはりオライリーの関節技と打撃に苦しんだ。それでも得意の打撃で反撃。コブラツイストや卍固めなどでペースを握ると、最後はPKから胴締めスリーパーで捕獲。オライリーが意識を失いマウスピースが口から落ちたところで、レフェリーが試合を止めた。

 

 試合後にはノアの潮﨑豪(34)がリングイン。2人は8・14両国大会、9・1新宿大会で遺恨が生じていた。潮﨑は顔を突き付けて柴田に挑戦をアピールすると、全身に殺気を漂わせてリングを去った。その直後にはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)のEVIL(29)が乱入し、柴田にEVIL(変型大外刈り)を見舞う。リングで大の字になった王者を横目に、EVILはG1公式戦(8・13両国)勝利を理由に挑戦を表明した。

 

 次々と現れた次期挑戦者候補にも柴田は「久々にリングに帰ってきたらやることが山積みになってた。2人、どっちが先か分かんねえけど片っ端から片付けていきたいと思います」と迎撃を宣言した。復帰からの“リハビリ運転”を許されることもなく、次から次へと難敵を呼び寄せてしまうのは王者の宿命か。それでも柴田は過酷な防衛ロードを突き進む決意だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!