• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【ノア】オカダ組撃破!丸藤GHCタッグ王座V5

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ノア】オカダ組撃破!丸藤GHCタッグ王座V5


丸藤(右)はオカダのお株を奪う打点の高いドロップキックを繰り出した

 8日のノア東京・後楽園ホール大会で行われたGHCタッグ選手権は王者の丸藤正道(37)、矢野通(38=新日本プロレス)組が新日プロのオカダ・カズチカ(28)、YOSHI―HASHI(34)組を下し、5度目の防衛に成功した。丸藤は最高の形でオカダのIWGPヘビー級王座に挑戦することになったが、その原動力は元レスリング世界女王・山本美憂(42)の姿にあった。

 

 新日プロの“真打ち”が登場すると、会場のボルテージは最高潮になった。オカダのノア参戦は約7年5か月ぶりのこと。しかもこの日の観衆は1515人超満員(主催者発表)で、見事にカネの雨を降らせた。

 

 だが、試合では丸藤が躍動した。場外で激しくやり合うと、10分過ぎにはレインメーカーを寸前でかわし、トラースキックを発射。ここから流れをつかんで、YOSHI―HASHIに狙いを定めた。カットに入ったオカダを虎王で場外まで吹っ飛ばし、レインメーカーポーズを決めてから変型エメラルドフロウジョンで勝利した。

 

「さあ、あさってだ。そのベルトは俺がいただく」。10日の新日プロ東京・両国国技館大会で挑むIWGP王者オカダに、高らかにベルト奪取を宣告してみせた。

 

 9月26日に37歳の誕生日を迎えた。時を同じくして、他団体の至宝に挑戦することについて「このまま新日本に行け」「負けたら終わり」という否定的なファンの声も耳にした。そんな時、目にしたのが同25日の格闘技イベント「RIZIN」(さいたまスーパーアリーナ)に出場した美憂の姿だった。

 

 RENA(25)に敗れはしたが、42歳で初めて総合格闘技に挑戦した光景をテレビで目にして「俺も年を取ったとか言ってられない。挑戦する姿勢を見せなきゃ」と、迷いは吹っ切れた。

 

 埼玉栄高時代、レスリング部の練習に妹の聖子(36)が参加したことがきっかけで、親交を持つようになった。美憂は大のアメリカンプロレスファンで、その知識は丸藤が驚くほど。2013年5月にカナダの大会に出場することが決まった際には、現地在住の美憂と会う約束をしていたが、直前の負傷により実現しなかった。

 

「一度、俺の試合を見に来てほしい」。2冠王になった姿を見せる――。その思いを胸にいよいよ運命の決戦に臨む。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・SG「第21回チャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!