• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日本】IC王座奪取の内藤「中邑色を消す」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日本】IC王座奪取の内藤「中邑色を消す」


エルガン(右)をデスティーノで沈めた内藤

 新日本プロレス25日の神戸大会で行われたIWGPインターコンチネンタル選手権は、挑戦者の内藤哲也(34)がマイケル・エルガン(29)を撃破して第15代王者に輝いた。史上初の新日プロ3大王座戴冠を果たした内藤だが、最後のベルト・ICにはかつての絶対王者・中邑真輔(現WWEのシンスケ・ナカムラ=36)の印象が強く残る。その払拭を自らの使命とした制御不能男の秘めたる思いとは――。

 

 両軍セコンドが入り乱れた王座戦が動いたのは30分過ぎだ。エルガンボムをカウンターのデスティーノで脱出すると、正調デスティーノで3カウント奪取。IWGPヘビー級、NEVER無差別級王座に続き3大王座戴冠を達成した内藤は、試合後にベルトを放り投げる暴挙に出た。

 

 傍若無人極まりない新王者が唯一主張したことがある。ICベルトからナカムラ色を消し去ることだ。そこには内藤の譲れないプライドがある。「俺は今年(ナカムラの)穴を埋める以上のものを見せてきたつもり。いま影響が残ってるのってICだけでしょ。なら完全に排除することが、新日本のためであり、彼のためでもあるんじゃない?」

 

 新たなカリスマとしての地位を築きつつある内藤だが、思い起こせば全てナカムラの「逆」を歩んできた。若手時代に勧められた総合格闘技挑戦はアッサリ断った。助言を受けてもなかなかその通りにできず、ついには従わなくなった。ブレークのキッカケをつかんだ時期は、ナカムラと2人で開発したスターダストプレスを封印した時期と重なっている。

 

 ナカムラの移籍が発表された1月、ただ1人だけ壮行ムードに異を唱えたのも内藤だった。「いない人間の影は必要ないでしょう。新日本が先に進むために」。ナカムラに「逆らう」ことで新時代の中心に立った内藤。新たな時代を築くのは制御不能男しかいない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!