• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【リアルジャパン】王者・船木が初防衛に失敗 深刻な肋骨負傷の影響

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【リアルジャパン】王者・船木が初防衛に失敗 深刻な肋骨負傷の影響


場外で船木(下)を痛めつける大谷

 リアルジャパンプロレス10日「GOLDEN AGE OF THE TIGER」(東京・ディファ有明)のメーンで第10代レジェンド王者の船木誠勝(47)が、大谷晋二郎(44)にまさかの敗北を喫し、初防衛に失敗した。8月の肋骨負傷から復帰したばかりだっただけに、ケガの影響があったことは間違いない。今後に心配を残す一戦となってしまった。

 船木、大谷の2人はレジェンド王座戦にふさわしいストロングスタイルの試合を展開。一進一退の激しい攻防は20分を超え、最後はドラゴンスープレックスホールドで大谷が勝利した。

 またも初防衛に失敗した。船木は昨年9月にも第8代王者のスーパー・タイガーを破って同タイトル獲得に成功したが、12月の初防衛戦で関本大介に敗れて防衛に失敗。今年6月に再戦が組まれ、船木はベルトを奪還したものの、再び失う結果となった。

 ベルトを手放した船木は「残念ですね。やはり、体調が万全ではなかったから…」とガックリ。一方、初めてレジェンド王座に輝いた大谷は「これがリアルジャパンのトップの証しなんだろ? 1番強いやつが巻くベルトなんだろ? やってやろうじゃねーか」と話した。

 船木は8月、不意のアクシデントで肋骨を負傷。医師から「左肋軟骨症」と診断され、復帰したばかりだった。ケガの影響について「やはり爆弾を背負っていたので。体調が万全でなかったことが一番悔しい。浴びせ(蹴り)も使えなかったし、あばらのせいで使えない技もあった」と話した。

 超花火では爆破王のタイトルも持つ船木。負傷の影響で田中将斗との初防衛戦は、決戦2日前で「延期」となっていた。その防衛戦も近々行われる予定だが、そこでもケガの影響が出ることが必至だ。このまま船木はもう1つのタイトルも失ってしまうのか…。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!