• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 天山 G1で“夏男”復活だ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天山 G1で“夏男”復活だ!


天山は22度目のG1出場に燃えている

 新日本プロレスの猛牛こと天山広吉(45)が22日、「G1クライマックス」(7月18日、札幌で開幕)での“夏男復活”にかける不退転の決意を明かした。

 

 真夏の祭典の出場メンバーは27日の後楽園大会で発表される。出場が決まれば自身の持つ最多記録を更新する22度目のG1となる天山は「ここ何年かはまさにツームストーンというか、ふがいないところを見せてしまっているけど、現役でいるうちはG1に出るためにやっていると言っても過言ではない。1年で最大のシリーズですから」と腕をぶす。先シリーズではG1を見据え久々にムーンサルトプレスを解禁するなど、出場へアピールを続けてきた。

 

 同世代・永田裕志(48)の活躍も発奮材料となっている。19日の大阪城大会では柴田勝頼(36)に敗れてNEVER無差別級王座から陥落したものの、セコンドとしてサポートしていた天山は「昔の新日本のような、やるかやられるかというあの雰囲気。見ててシビれました。俺もまだまだ踏ん張っていかないと、と改めて思った」と刺激を受けたという。

 

 過去3度の優勝を誇り「夏男」と呼ばれた天山も、2006年の優勝を最後に決勝の舞台から遠ざかっており、近2大会では大きく負け越している。若手の台頭もあって苦戦が続いている現状に「毎年毎年が最後かもしれない、と崖っ縁のつもりでやっている。全てをかけるつもりですよ」と、危機感をあらわにして復活を誓った。

 

 出場回数に加えて通算勝利数「64」も歴代最多を誇る天山は「出るうちは記録を更新したい気持ちは当然ある」。不屈の猛牛は、真夏の逆襲に燃えている。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!