• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 三沢さんの命日翌日にプロデュース興行 小橋の思い

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三沢さんの命日翌日にプロデュース興行 小橋の思い


小橋(中央)は参加全選手の健闘をたたえた

 元ノアの鉄人・小橋建太(49)のプロデュース興行「Fortune Dream 3」が14日、東京・後楽園ホールで行われ、メーンでは現在のマット界を代表する4選手が“夢の競演”を果たした。辣腕を振るった小橋は、最大のライバルで先輩だった故三沢光晴さん(享年46)に大会をささげる決意で、この日を迎えたという。

 

 この日は三沢さんの命日(13日)の翌日。大会開催に当たって小橋が後楽園の空き状況を確認した際、たまたま「6月14日」が空いていたという。偶然とは思えず「ここで試合をやれと三沢さんに言われているのかな」(小橋)と導かれるように、会場を押さえたと明かす。

 

 カード編成の際は、現役時代の自分の激闘を振り返ってみた。すると東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞で年間ベストバウトを3度も受賞した三沢さんとの試合が鮮明によみがえってきた。1997年10月21日の全日本プロレス日本武道館大会と翌年10月31日の武道館大会における3冠ヘビー級戦2試合、そしてノアのGHCヘビー級王座をかけて戦った2003年3月1日の武道館大会だ。

 

「三沢さんとあそこまでやり合えたのは、お互いに覚悟を持っていたから。その覚悟をみんなに伝えたい。『エースとは何か』『チャンピオンとは何か』というものを、俺は三沢さんとの戦いを通して教えられた。今の選手、これからの選手に伝えていきたい」

 

 その思いから組まれたのが、この日のメーンだった。ノアのGHCヘビー級王者・潮﨑豪(34)が、大日本プロレスのBJW認定世界ストロングヘビー級王者・岡林裕二(33)と王者タッグを結成。全日プロ「チャンピオン・カーニバル」覇者の関本大介(35=大日本)、W―1チャンピオンシップ前王者の火野裕士(31)組と激突した。ある意味、現在の“四天王プロレス”とも呼べる豪華カードだ。

 

 試合内容は期待以上となった。4人の放ったチョップは合計250発を超えた。しかも30分では決着がつかず、延長戦の末に岡林が関本を撃破。4人の激闘をたたえるように、エンディングでは三沢さんの入場テーマ曲「スパルタンX」が流れた。

 

 次回大会は未定ながら小橋は「三沢さんとの熱い戦いを後世に残していきたい。それが引退した俺にできること」と改めて誓った。三沢さん、そして鉄人の熱い思いは永遠に引き継がれていく。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!