• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > ノア再入団の潮崎が会見 方舟マットを「もっと高みに導きたい」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノア再入団の潮崎が会見 方舟マットを「もっと高みに導きたい」


田上社長(左)と丸藤副社長(右)同席で入団会見を行った潮崎

 ノアは13日、フリーとして参戦していたGHCヘビー級王者・潮崎豪(34)が同日付で入団したと発表した。2012年12月末で一度退団しており、これが再入団になる。

 前日(12日)の東京・後楽園ホール大会でシェルトン・X・ベンジャミン(40)の挑戦を退けて初防衛に成功すると、試合後にノア入団を直訴。丸藤正道副社長(36)からノアのロゴ入りジャージーを背中にかけられる形で了承されていた。

 一夜明けも兼ねたこの日の会見には田上明社長(55)と丸藤副社長も同席。丸藤副社長は「当初、ファンの人たちの反応は非常に厳しいものがあったと思うけど、しっかり試合を通じて見せてきた。(三沢光晴さんの追悼興行という)特別な日にこういう状況になったのも、運命だったんじゃないかと思う。ノアの一員として頑張ってもらいたい」とエールを送った。

 くしくもかつての師匠だった三沢さんの命日に、約3年半ぶりの所属となった潮崎は「このGHCを(5月28日に)取った時に『ノアに入りたい』という気持ちがさらに強くなった。ノアの試合、戦いをもっともっと高みに導きたい」と決意表明した。

 また、ベンジャミン戦後に襲撃してきた前王者・杉浦貴(46)を、7月30日の後楽園大会のV2戦で迎え撃つことが決まった。潮崎は「ああいう手段に出たので、憎しみとか返り討ちにしてやるっていう強い気持ちが芽生えた。所属になったからこそ、ノアを守る気持ちが強くなった」と表情を引き締め、次なる戦いに目を向けた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!