• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > <新日19日IC王座戦>怪力男エルガンが棚橋の代打挑戦に名乗り

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<新日19日IC王座戦>怪力男エルガンが棚橋の代打挑戦に名乗り


エルガン(右)は必殺のエルガンボムで高橋裕二郎を沈めた

 新日本プロレスのマイケル・エルガン(29)が5日、棚橋弘至(39)の負傷欠場により挑戦者未定となったIWGPインターコンチネンタル王座戦(19日、大阪城ホール)出陣への思いを明かした。

 

 王者ケニー・オメガ(32)に挑戦するはずだった棚橋が左肩剥離骨折と二頭筋断裂で戦線離脱。その代打挑戦に名乗りを上げたのがエルガンだ。「俺は彼のパートナーだ。こうなった以上、俺が行くしかない。4月に(IC王座戦でケニーに)負けたリベンジもしたいしね。棚橋からは『必ずベルトを取ってくれ。応援している』とエールをもらった」と、盟友のためにベルト奪取を誓う。

 

 問題は4月の博多大会でエルガンに勝利したばかりのケニーが拒否の姿勢を示していること。だがエルガンは「前回の試合であれだけ追い詰めたから、恐れをなしているのか?」と挑発し、挑戦権獲得を諦めていない。

 

 現在29歳ながら高校生だった16歳でデビューしており、すでに14年のキャリアを誇る。カナダや米国のリングを渡り歩き経験も豊富だ。「俺はハルク・ホーガンに憧れた4歳の時からプロレスラーになると決めていたんだ。レスラーしながら大学も出たよ。学校に行きながら年間70試合はした。ラダーマッチだって2006年と08年に2回経験している。全く問題ないし大丈夫だ」と、王者の土俵と目されるラダーマッチ王座戦にも自信をのぞかせた。

 

 この日の群馬・高崎大会では6人タッグ戦でケニー率いる「バレットクラブ」と対戦し、エルガンボムで勝利。怪力男の早期再挑戦アピールは実るのか――。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕! new
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】ボートレース戸田で開催中!
注目選手のインタビューを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!