• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > <NEVER初防衛戦>永田 あえて前王者・柴田を指名の理由

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<NEVER初防衛戦>永田 あえて前王者・柴田を指名の理由


オシャレなTシャツ姿で永田必勝を誓った

 新日本プロレスのNEVER無差別級王者・永田裕志(48)が12日、新政権の公約を掲げた。王座の概念と真逆を進む48歳の新王者は、6月19日大阪城ホール大会で柴田勝頼(36)とのV1戦に臨む。見事に「窓際族」からの脱却に成功した永田は、あえて前王者とのダイレクトリマッチを提案した真意と今後の野望を明かした。

 

 永田は3日の福岡大会で柴田を破り、実に8年7か月ぶりに新日プロのシングル王座を戴冠した。会心の復活劇により、大阪城決戦には王者としてV1戦に臨むことが決定した。

 

「東京ドームでは2年連続、去年の大阪城も(自分の試合は)第0試合だよ? これぞ窓際からの復活。力があるのに窓際に追いやられている全国の同世代の人間に夢を与えたいね、へっへへ」と、熟年王者としての使命に燃えている。本来は「若手の登竜門」として設立されたはずのNEVER王座が、よもやアラフィフの逆襲を体現する日が来るとは…。

 

 挑戦者には自ら前王者の柴田を指名した。「楽な相手を指名したって仕方ない。某ロス・インディオス(注=正しくはロス・インゴベルナブレス)の総大将とは覚悟が違うわけですよ」と、キャプテン・ニュージャパンとの防衛戦を熱望するIWGPヘビー級王者・内藤哲也(33)をけん制しつつ、あえて強敵とのダイレクトリマッチを要望した理由を明かした。

 

「どうせリマッチ権もあるし、戦いの中身が良かった。死語となりつつあるストロングスタイルを復活させるというかね。今は3つのベルトがあってIWGPの理念が分散している。(王座戦で)乱入とか多いから100%支持できない層がたんまりいるよね」

 

 永田がもくろむのは新日プロで薄れつつある「ストロングスタイル」の復権。その意味でも打撃、グラウンド両面でかみ合う柴田との戦いを1度きりで終わらせてしまうのは惜しいという。

 

「キング・オブ・ストロングスタイル」を名乗った中邑真輔はWWEに移籍したが、永田は「向こうでは中邑以外は体現できないじゃん。今こそ新日本プロレスがそれを見せるときだと思う」とキッパリ。崇高なる野望を胸に、ミスターがNEVER長期政権を担う。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・SG「第21回チャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!