• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > SANADA豪語「オカダを踏み台にする」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SANADA豪語「オカダを踏み台にする」


オカダに変型飛龍裸絞めを決めるSANADA(右)

 新日本プロレスの「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」に新加入した真田聖也改めSANADA(28)が14日、現在の胸中を激白した。

 

 SANADAは10日両国大会のIWGPヘビー級戦で内藤哲也(33)の助っ人として乱入。

 

 王者オカダ・カズチカ(28)に暴行を加えて内藤の王座奪取をアシストした。

 

 ロス軍入りの経緯についてSANADAは「選手として一番プロレス界で輝いているところにいくのは必然。考えてやった行動じゃない。今までのイメージを払拭したい」と説明。

 

 フリーとして次期シリーズ(17日、山梨・甲府大会で開幕)に参戦し、当面は新日マットに専念するつもりだ。

 

 全日本プロレスやW―1で将来のエース候補と目されたが、現在の知名度は決して高くない。

 

 両国大会での反応も冷ややか。多くのファンが何者か調べるため検索したようで、ヤフー急上昇ワードに「真田聖也」がランクインしたほど。それだけに、5月3日の福岡大会でオカダとのシングル戦が組まれたのは絶好のチャンスだ。「誰も知らない、両国をシーンとさせたSANADAが、オカダという絶対的な存在を踏み台にしてやる。今のうちから見といたほうがいい」と豪語した。

 

 かつてファッションビルのマルイを「オイオイ」、有名店「伊達の牛たん」を「イタチの牛たん」と読んだ天然ぶりも制御不能の証し。

 

 SANADAはその潜在能力をロス軍で開放できるか?

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!