• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日NJC】内藤哲也が初制覇 4・10両国でIWGP挑戦へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日NJC】内藤哲也が初制覇 4・10両国でIWGP挑戦へ


内藤(右)の延髄斬りに後藤の顔面がゆがむ

 新日本プロレス「NEW JAPAN CUP」は12日の青森大会で最終戦を迎え、内藤哲也(33)が後藤洋央紀(36)との決勝戦を制して初優勝を飾った。内藤は4月10日の東京・両国国技館大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカへの挑戦が決定。「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」を率いる制御不能男が、悲願のIWGP奪取へ向かう。

 

 準決勝で内藤は矢野通を、後藤はマイケル・エルガンをそれぞれ撃破し迎えた決勝戦。内藤は雪崩式牛殺し、昇天・改と立て続けに浴びて大ピンチに陥るが、3カウントだけは許さない。無法集団ロス軍のEVILが介入する間に体力を回復させると、昇天・改をデスティーノで切り返す。

 

 一気に勝負に出ると、後藤の首折り弾をかわしてドラゴンスープレックスを発射。なおも立ち上がる後藤の首折り弾を再びかわすと、最後はデスティーノで激闘に終止符を打った。

 

 出場16選手の頂点に立ちNJC初制覇を果たした内藤は、4・10両国大会での新日プロ主要3王座挑戦選択権を獲得した。

 

「好きなタイトルに挑戦できる権利があるらしいな。俺の答えはIWGP…オカダ!」と、一昨年1・4東京ドーム大会以来となるIWGP挑戦を明言。ところが「俺は俺のタイミングで挑戦するから。両国? 勝手に決めんなよ」と、NJCルールを無視して身勝手なことを言いだした。

 

 さらにリング上で敗者にムチを打つべく後藤を袋叩きしているところに、オカダが登場。王者から「内藤さん、ビビんなよ。4月10日、両国で挑戦してこい」と宣戦布告を受けた。

 

 決めゼリフ「トランキーロ(焦るなよ)」を使う絶好の機会にも見えたが、「そんなに両国で俺にベルトを渡したいのか? 王者のリクエストだから、オカダの望みどおり、両国でやってやる」。よくよく考えれば、自身の悲願だったIWGP戴冠のタイミングをずらしたところで、まったく意味はない。

 

 苦難の道を乗り越え、ロス軍でついに再ブレークした内藤。制御不能の勢いを保持したまま、自身4度目の挑戦でIWGP初戴冠を目指す。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!