• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日NJC】内藤が洋央紀の滝行を“浅い!”と糾弾


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日NJC】内藤が洋央紀の滝行を“浅い!”と糾弾


内藤(上)は石井の後頭部に強烈なキック

 新日本プロレス「NEW JAPAN CUP」2回戦(4日、東京・後楽園ホール)で、内藤哲也(33)が石井智宏(40)を撃破しベスト4に進出した。「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」を率いて自由奔放に振る舞う内藤は、初Vを確信。この日で4強が出揃ったが、他の3人は眼中にないと断言し、中でもNJCでの復活を期す後藤洋央紀(36)をひときわ痛烈な言葉で挑発した。

 

 鮮やかな逆転劇だった。必殺のデスティーノ(変型DDT)をイシイドリラーで切り返され窮地に陥った内藤は、そこから猛攻にさらされる。だが、垂直落下式ブレーンバスターを狙った石井の頭上で体勢を入れ替えると、そのままデスティーノを発射。見事に決勝大会(12日、青森)に駒を進めた。

 

 内藤は「本来なら(1回戦で石井に敗れた)EVILとの試合が山場だと思ってたんだけどね。助かったよ、石井で。ベスト4? 申し訳ないけど、相手を見てもここから先は消化試合でしょ」と豪語。3王者が不参加な上、優勝候補筆頭だった棚橋弘至(39)も初戦で敗退しただけにNJC初制覇を確信した。

 

 4強戦士の中には今年の1・4東京ドームで敗れた後藤もいるが、内藤が誰よりも軽視するのがこの因縁の相手だ。スランプ脱出に向け1日に滝行を敢行した荒武者を「結局なんも変わってないでしょ。そもそもちょっと滝に打たれたくらいでもう吹っ切れたって、どんだけ浅い悩みだったの? マスコミに取材してもらおうと連れて行っておいて無の境地もないでしょうよ」とバッサリ。決勝で激突する可能性のある後藤に対し痛烈な言葉を並べて挑発した。

 

 優勝者に与えられる主要3王座への挑戦選択権については「どのタイトルに俺が挑戦したいかって? その答えはもちろん、トランキーロ(焦るな)だぜ」とけむに巻いた内藤。あと2つ。頂点への疾走は制御不能だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!