• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 永田がNJC5年ぶり優勝へ燃えるワケ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

永田がNJC5年ぶり優勝へ燃えるワケ


永田(右)は北宮に容赦ない顔面蹴り

 新日本プロレスの永田裕志(47)が25日、「NEW JAPAN CUP」(3月3日、東京・大田区総合体育館大会で開幕)での復活を誓った。永田ら第3世代はNEVER無差別級王者の柴田勝頼(36)から挑発されたが、永田が燃える理由はそれだけではない。五輪イヤーにかける愛弟子たちの奮闘ぶりが、トップ戦線再浮上への強烈な刺激剤となっている。

 

 永田はこの日、若手育成興行「ライオンズゲート」(東京・新宿フェイス)でノアの北宮光洋(27)に胸を貸し、岩石落とし固めで貫禄の勝利。NJC5年ぶりVに弾みをつけた。

 

 初戦では後藤洋央紀(36)と激突する。後藤はIWGP戦8連敗を喫したショックが尾を引いているが「過去にもっと恥ずかしい思いをして『A級戦犯』とまで言われた俺からしたら、あんなもんで恥とは思わない。アイツも鈍感なとこあるから、そうは言いながらも(仕上げてくる)というとこあるんじゃないの」と警戒を怠らない。

 

 優勝者は主要王座の挑戦選択権を獲得する。だが、すでに第3世代勢はNEVER王者の柴田から挑発を受けている。永田は「NEVER王者だけってのも寂しいね。まあ、柴田が言うから意味があるのかもしれないし、常に頭には入ってますよ」と闘志を燃やした。

 

 発奮材料はそれだけではない。今年はリオ五輪イヤーで、自身が監督を務めるブシロードクラブからレスリング・フリースタイル97キロ級の山口剛(26)が出場を目指している。24日に全日本合宿初日を視察した永田は「少し体調を崩していたみたいだけど、この合宿で取り戻せるんじゃないか」と太鼓判。さらに指導する元レスリング全日本王者の岡倫之(24)と北村克哉(30)も、この日の大会前にエキシビションマッチに出場し、プロレスデビューに向けて順調な仕上がりを見せた。

 

「俺もそこに立ちはだかってやろうという気にはなるよね。岡と北村に関しては『どうぞ好きにやってくれ。早く俺らのところに来てくれ』ってとこだね」と豪語。生意気な後輩の挑発と、いつ裏切るかもしれぬ…いや、精悍な愛弟子たちの奮闘に刺激を受け、復活の春に臨む。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!