• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > IWGP戦8連敗ショック…後藤洋央紀まさかの引退危機

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IWGP戦8連敗ショック…後藤洋央紀まさかの引退危機


後藤(左)はオカダからCHAOS入りを勧められているが…

 新日本プロレスの後藤洋央紀(36)が、まさかの引退危機に陥った。

「危機感しかないですよ。このまま消えていくしかないのか。そういう運命なのか、と。今の自分にはリングに上がってはいけない、上がる資格すらない気さえする」

 後藤は11日の大阪大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(28)のレインメーカー3連発に沈んだ。初挑戦からIWGP戦8連敗は同王座のワースト記録。不退転の覚悟で臨んだ一戦だったが、その思いは無残に打ち砕かれた。

 それだけに敗戦のショックは計り知れない。現実的には自身が最多優勝記録(3回)を誇る“得意舞台”の次期シリーズ「NEW JAPAN CUP」(3月3日、東京・大田区総合体育館大会で開幕)を制すれば、再び王座戦線浮上の権利が与えられる。後藤の強さを評価したオカダからはユニット「CHAOS」に勧誘されており、再生プランも示されている。

 だが、後藤は「そんなことを考える気力も…。今は何も考えられない。やる気も出ない。モチベーションも上がらない」とつぶやくのがやっと。IWGP戦前にオカダから「何も考えていない」とやゆされた後藤が、ラブコールを受けたタイミングで本当に何も考えられなくなるとは皮肉と言うほかない。

「リングに上がるのが怖くなった時が引退の時」と公言してきただけに、このままでは最悪の決断を下す可能性も否定できない。新日プロでは同期の中邑真輔(35)が1月末で退団し、外国人選手の米WWE移籍も相次いでいる。後藤にはトップ戦線への定着が期待されるが…。

 IWGP戦敗北後はリング上でも精彩を欠く。荒武者は一体どこへ行ってしまうのか――。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【平昌五輪】羽生結弦、小平奈緒、女子団体追い抜きが金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!