• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 洋央紀が報復宣言 オカダをIWGP戦線から追放

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋央紀が報復宣言 オカダをIWGP戦線から追放


オカダ(右)にニールキックを放つ洋央紀

 新日本プロレス11日のエディオンアリーナ大阪大会でIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(28)に挑戦する後藤洋央紀(36)が4日、レインメーカーのIWGP戦線追放を予告した。連日の王者襲撃でいつの間にかブーイングを独占している荒武者だが、雑音は無視。昨年保持していたIWGPインターコンチネンタル王座を巡り、散々コケにされたオカダへの報復を誓った。

 大阪冬の陣で王座奪還を狙う後藤は、コメントブースに乱入しての“長渕キック”を皮切りに連日王者を襲撃。本来はヒールユニットであるCHAOS所属のオカダがエースの立場を築いているため、このシリーズは本隊所属の後藤がブーイングを独占するという妙な逆転現象が生じている…。

 だが後藤はそんな逆風など気にしない。人が変わったかのようななりふり構わない手段も、過去7度の挑戦全部で失敗している危機感の表れだ。「俺ももう36歳。中邑だって(年齢的に)最後のチャンスということでしょう。ここで失敗すれば後はない。ブーイング? やればいいじゃないですか。俺は俺のためにやってるんで」と2日にWWEと契約するために渡米した中邑真輔(35)の名前を挙げ、執念にも似た思いを明かした。

 オカダには散々コケにされた怒りもある。昨年5月のIC王座奪取後、IWGP王座との統一戦を提唱。昨夏のG1公式戦でオカダを撃破してその機運が高まりながらも、9月に中邑に敗れIC王座を失い実現には至らなかった。にもかかわらず今回オカダが挑戦を受諾したのは、肝心のIWGP戦前に後藤が王座から陥落したことへの皮肉でしかなかった。

 怒る後藤は「無視し続けたのにあそこで持ってくるって、俺をバカにしてるんでしょうけど。ああ言ったからには、俺がIWGP王者になったら、ICベルトを取ってこない限りオカダのIWGP挑戦は認めない。前王者のリマッチ権とやらも認めないですよ」と断言。ベルトを奪ってオカダをIWGP戦線から追放し、かつての絶対王者・中邑が去った後のIC戦線出撃を命じるプランを明かした。

 この日の福島・いわき大会では6人タッグ戦でオカダと対戦。昇龍結界で外道を仕留めた後もオカダを急襲し、悲願のIWGP奪取へ闘志を燃やした。七転び八起きか、それとも七転八倒か。荒武者が大阪で一世一代の大勝負に挑む。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!