• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > KO―D王座V3の木高に新たな試練

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KO―D王座V3の木高に新たな試練


高梨(下)の挑戦を退けた木高

 DDT31日の東京・後楽園ホール大会でKO―D無差別級王者の木高イサミ(34)が、マサ高梨(33)の挑戦を退けて3度目の防衛に成功した。

 

 粘りを見せる挑戦者に対し、木高はヒールホールドなどの関節技やローキックで右ヒザに集中砲火を浴びせた。じわじわ体力を削ると、最後はグロッギー状態で座り込んだ相手に助走をつけて頭部への蹴りを3連発。最後は勇脚・斬(後頭部へのトラースキック)で決着をつけた。

 

「想像以上の強さだった…。真正面からのプロレス。高梨すげえなって。キツい試合でした」と王者は感慨深げ。しかし勝利の余韻に浸る間もなく、試合後にはすぐさま3月21日両国国技館大会での防衛戦が決定。2月28日後楽園大会で行われるHARASHIMA対入江茂弘の勝者と戦うことになった。

 

 木高にとってはどちらが勝ち上がってきても怖い相手だ。一昨年はアジアタッグ王座も奪取するなど成長著しい入江に対しては「どんどんパワーアップして人間離れしてきている。僕が挑戦者として臨まないと…」とポツリ。さらにはこれまでシングル戦で勝利がないHARASHIMAについても「常に安定してどんな相手にでも自分のプロレスができる。DDTの強さの象徴」と厳しい表情を見せた。

 

 早くも新たな試練に直面した木高。「ボクはDDTの人間じゃない。BASARAの人間だから。負けられない」と悲壮感すら漂わせてVを誓ったが、防衛ロードをどこまで伸ばせるか。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!