• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 中邑が新日退団会見「新たな刺激、環境、舞台を求めて挑戦し続ける」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中邑が新日退団会見「新たな刺激、環境、舞台を求めて挑戦し続ける」


中邑は新たな旅立ちに目を輝かせた

 新日本プロレスを31日付で退団する中邑真輔(35)が25日、記者会見を行った。

 会見冒頭では同席した菅林直樹会長から「次のリングでも中邑真輔選手らしい戦いを続けていってほしい」とエールを送られた。2月以降は米国・WWEへの挑戦が確実視されている中邑は「大きな大きな決断でした。この決断を尊重してくださり、新日本プロレスには感謝しています。2003年に入団し、ともに歩んで来た社員、選手、関係者、ファンのみなさまに感謝しています。新たな刺激、環境、舞台を求めて挑戦し続ける所存です」とあいさつ。ときおり言葉に詰まりながら万感の表情を浮かべた。

 所属選手としては29日所沢大会、30日後楽園大会の残り2試合のみ。ラストマッチでは壮行試合として6人タッグ戦で終生のライバル・棚橋弘至(39)との対戦もある。「リングに立ってみないと分かりませんが、いろんな感情が湧きあがるんだろうなと。寂しさはあるけど、非常に楽しみです」と語った。

 保持していたIWGPインターコンチネンタル王座のベルトはこの日をもって返上となった。デビュー当初からエリート街道を歩み、10年以上にわたり新日プロのトップ戦線で活躍した中邑は「自分で言うのもなんですが、こんなレスラーは他にいなかった。全てがかけがえのないものだなと思えます」と振り返り、新たな旅立ちに目を輝かせた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!