• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 新日・小松&田中「俺たちメヒコで神になるぜ!」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新日・小松&田中「俺たちメヒコで神になるぜ!」


メキシコに渡る田中(左)と小松

 新日本プロレスのヤングライオン・小松洋平(27)と田中翔(26)が18日、メキシコ・CMLLへの武者修行にかける思いを激白した。

 

 2人は今シリーズ「ファンタスティカマニア」終了後の30日にメキシコ遠征に出発する。現地でのリングネームは小松が「風神(Fujin)」、田中が「雷神(Raizin)」に決定。かつてハッスルのリングでインリン様と組んだ連中とはもちろん無関係で、田中が総合格闘技大会に出場する予定もない。小松は「CMLLの日本人選手は妖怪が続いていた(ナマハゲ=三上恭佑、カマイタチ=高橋広夢)のに、僕たちは神ですから。期待を感じている」と豪語すれば、田中も「僕たちにピッタリの名前だと思います。いろいろな可能性を探したい」と闘志を見せた。

 

 マスクマンとして参戦するため、小松にとっては入門当初からの念願がかなうことになる。またコンビとして新日プロからCMLLマットに参戦するのは2009年の「NO LIMIT(内藤哲也、高橋裕二郎)」以来となる。

 

「タッグチームとして完成させてこい、ということだと思う」(小松)、「2人のブランドの価値を上げて帰ってきたい」(田中)と、新日プロのトップ戦線で活躍できるチームとして凱旋帰国するつもりだ。

 

 新日プロで送った約4年間の下積み生活では、団体の上昇気流も手伝ってNHKの「探検バクモン」など数々のメディア出演の恩恵にもあずかった。2人は「心身ともに充実している中で、やっと来たかという気持ち」と声を揃えた。今度は自らの手でステップアップのチャンスをものにするために海を渡る。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!