• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 洋央紀 2・11大阪でIWGP挑戦正式表明

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋央紀 2・11大阪でIWGP挑戦正式表明


オカダ(右手前)に挑戦表明した後藤

 新日本プロレスの荒武者・後藤洋央紀(36)が5日の東京・後楽園ホール大会で、IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(28)に挑戦状を叩きつけた。昨夏のG1クライマックス公式戦でオカダを撃破している後藤は、2月11日大阪大会での挑戦が急浮上。実に8度目の同王座挑戦で初戴冠を目指す荒武者の胸中は――。

 

 前日4日の東京ドーム大会で内藤哲也(33)を撃破し、IWGP戦線出撃を予告した後藤は、この日は8人タッグ戦でオカダと激突。バレッタを昇龍結界で仕留めると正式に挑戦を表明した。「去年のG1でも(オカダに)勝ちましたしね。機は熟したと思っている」。昨年G1大阪大会の公式戦(8・1)で、当時IWGPインターコンチネンタル王者だった後藤は、オカダとの王者対決を制した実績がある。オカダは「ICと統一戦、やるって言ってましたよね? やりましょう、統一戦!」と、すでに後藤が同王座から陥落していることを皮肉りつつも挑戦を受諾し、2・11大阪大会での王座戦が浮上した。

 

 後藤にとってIWGPは高き壁。初挑戦の2007年11月から実に同王座戦7連敗を喫している。だが、だからこそ挑む意義がある。後藤は「七転び八起きの時が来たってことですよ」と、悲願の初戴冠に腕をぶした。

 

 ベルトへの思いを強める出来事もあった。ドーム大会では三重・桑名工業高時代の同級生でパートナーの柴田勝頼(36)が石井智宏(40)を破りNEVER無差別級新王者となった。盟友のシングル王座初奪取には「もちろん刺激になりましたよ。ライバルとして、パートナーとして、俺も負けてられないなって思った」と闘志を燃やした。

 

 オカダはドームのメーンでの棚橋の連勝記録を「5」で止め、新エースとしての地位を確立したようにも見える。だが後藤は「今の新日本の図式を崩すのが俺の役目」と言い切った。IWGPの壁に何度も跳ね返されながらも、天下取りの野望を諦めない不屈の荒武者が、大阪冬の陣へと向かう。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!