• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【新日・東京ドーム】中邑がAJ粉砕!世界へ羽ばたくインターコンチV2

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新日・東京ドーム】中邑がAJ粉砕!世界へ羽ばたくインターコンチV2


AJ(右)に渾身のボマイェを見舞う中邑

【新日本プロレス1・4東京ドーム大会】IWGPインターコンチネンタル選手権は、王者の中邑真輔(35)がAJスタイルズ(37)を退けてV2に成功。世界へその名を響かせた。

 4年連続でインターコンチネンタル王者として1・4東京ドームの舞台に立った中邑。過去3年は桜庭和志、棚橋弘至、飯伏幸太らの強豪と死闘を展開してきた男が「現時点で自分にとっての最高の相手」と心待ちにしていたのが、AJとのシングル初対決だった。

 世界中が注目する一戦でまず最初に動いたのは中邑だ。昨年11月下旬に負傷したAJの腰へ、集中攻撃を仕掛けた。しかし、いつもと何かが違う。独特の動きで“中邑ワールド”に引き込もうとするが、フェノメナールには通用しない。歯車が狂った王者はボマイェを4度もかわされ、カーフキラーを左足に決められるなど苦しい展開が続いた。

 ようやくダイビング式やスライディング式のボマイェが命中するものの、その後が続かない。三角絞めで捕獲しても、そのままスタイルズクラッシュを決められ、目がうつろになった。しかし23分過ぎ、中邑が勝負に出た。雪崩式スタイルズクラッシュを阻止すると、そのまま起死回生の雪崩式ランドスライドへ。最後は後頭部と顔面にボマイェを連打して、勝利をもぎ取った。

 試合後、右の拳を突き出すとAJも左の拳で応じた。「最高のタイミングで、2人がプライムなうちに、東京ドームでやれたことに感動しました。敵対する相手にあるまじき行為とは思いますが、リスペクトがあります」と中邑は胸中を素直に明かした。世界的な発信力を持ち、自身も「世界一のプロレスラー」と認める相手を下したことで、今後の目標もハッキリ見えてきた。

「世界。世界ですね。自分のさらなる高みのステージを目指して生きていきたい」。中邑は静かに頭を下げると、早くも次なる戦い=海外進出に向けて目を輝かせた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦コロンビアに競り勝ち白星発進。次戦は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!