• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【DDT】KO―Dタッグ王座奪取の竹下にエースの自覚

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【DDT】KO―Dタッグ王座奪取の竹下にエースの自覚


入江(左)にフライングニールキックをブチ込む竹下

 DDT23日の後楽園ホール大会で行われたKO―Dタッグ王座決定戦は竹下幸之介(20)、遠藤哲哉(24)組が入江茂弘(27)、岡林裕二(33=大日本)組を撃破し第53代王者となった。

 性豪・岡林と入江の怪力に苦しめられた新世代コンビだったが、竹下が入江に狙いを定めて逆襲開始。強烈なラリアートからジャーマンで3カウントを奪った。今年2月に失ったタッグベルトを再び腰に巻いた竹下は、来年1月3日後楽園大会でKO―D無差別級王者・木高イサミへの挑戦も控える。試合後はリング上で木高に「これから俺たちがDDTを引っ張っていく。真っ向勝負で取ったるからな」と宣戦布告し、2冠王者となることを誓った。

 2013年度東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞新人賞を受賞したホープながら、団体最高峰のKO―Dは今回が初挑戦。これまでは「いつかチャンスが来ればいいと思っていた」と積極的な姿勢に欠けていたが、先輩の助言や、飯伏幸太やKUDOら主力選手の長期欠場により団体をけん引していく意識が芽生え始めた。「一発で取りたい。次に飯伏選手やKUDO選手が戻ってくるときは、僕が王者として挑戦を待ちたい」と豪語する竹下が、新時代を到来させる。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!