• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【プロレス大賞】オカダ・カズチカが3度目のMVP ベストバウトも受賞し2冠達成

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【プロレス大賞】オカダ・カズチカが3度目のMVP ベストバウトも受賞し2冠達成


MVPとベストバウトの2冠に輝き喜ぶオカダ

 今年で42回目を迎えた東京スポーツ新聞社制定「2015年度プロレス大賞」選考委員会が7日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社・大会議室で開かれ、最優秀選手賞(MVP)は新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(28)が2年ぶり3度目の受賞を果たした。また、年間最高試合賞(ベストバウト)は、11月15日に両国国技館で行われた天龍源一郎(65)引退試合(オカダVS天龍)が選ばれ、オカダは2冠達成となった。授賞式は来年1月21日に東京都内のホテルで行われる。

 この日の選考委員会で最優秀選手賞の候補に名前が挙がったのは、オカダと天龍の2人。引退イヤーでプロレス界を盛り上げ、各メディアに登場した天龍に「リアルレインメーカーになった」といった声がある中で、オカダは「(MVPは)未来系であるべき」「業界のトップとして天龍引退試合の大役を果たした」と高い評価を得た。結果的に1回目の投票で19票中11票を集めたオカダが、同賞史上最も極端なマッチレースを制した。

 1月4日の東京ドーム大会で棚橋弘至との頂上決戦に敗れ涙のスタートとなった15年だったが、7月にAJスタイルズを撃破しIWGPヘビー級王座返り咲き。新日プロが21年ぶりに再進出した大阪城ホールにカネの雨を降らせると、10月の両国大会ではV1に成功した。

 さらに11月には天龍の引退試合で勝利を収め、ミスタープロレスから「昭和」から「平成」へ時代のバトンタッチを受けた。プロレス史に永遠に残る同戦は、年間最高試合にも選出。3度目のベストバウト受賞を果たしたオカダは、12年に自身が達成して以来となる2冠に輝いた。

 2年ぶり3度目のMVPにオカダは「活躍が認められてうれしいっす。新日本プロレスを引っ張ってきた自負があるんで」とニヤリ。

 天龍戦がベストバウトとなったことについては「正直複雑ですね。まだまだつらい試合は(他に)ありましたし」としながらも、「二度とない試合という意味では、昭和のプロレスファンに今のプロレスを見せられたのはよかった。普段、連絡こないような人からの反響もありました」とプライドをのぞかせた。

 プロレス大賞において3度目のMVPは、6度受賞のアントニオ猪木、4度受賞の天龍、武藤敬司に次ぐ歴代4位タイの記録で、故ジャンボ鶴田さんと棚橋に並ぶ。28歳の若さにしてそうそうたるメンバーに名を連ねたオカダは「6度が最多? 超えるでしょ。簡単な話。あんまり記録にこだわりはないですけどね」と堂々と言い切った。

 過去の受賞時には歴代の名レスラーに「僕と同じ時代じゃなくてよかった」という大口も叩いたオカダだが、実は天龍と直接肌を合わせたことで、記録の重みも知ったという。

「猪木さんのことはもう知ることはできないけど、天龍さんは(試合を通じて)知っちゃいましたからね。これからはこういうことで比べられていく。やっぱり、まだ自分がやってない3年連続(MVP)とかも取りたいですから」と責任感をのぞかせた。

 続けて「来年の抱負も言っていいすか? …そろそろ結婚したいです(笑い)。相手がいたらこんなこと言わないんですけど。プライベートも充実すればリング上ももっと充実するかなって思うんで。理想のタイプですか? 特にありません」と新たな“野望”もぶち上げたオカダ。プロレスの未来を背負うレインメーカーが中心にいる限り、カネの雨がやむことはない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【防府競輪】九州スポーツ杯争奪戦(25〜27日)
特設サイトで26日(火)の出走表・印、選手のコメント、並び、本紙の見解・狙い目を掲載!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

第2回東スポカップ ポーカー大会
東日本最大規模のポーカー大会「第2回東スポカップ ポーカー大会」決勝DAY2を10月22日(日)に開催します!


おすすめコンテンツ
ジュニアクラウン(28日=笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!