• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 28日DDT大阪大会でKO―D王座挑戦 木高イサミの胸中

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

28日DDT大阪大会でKO―D王座挑戦 木高イサミの胸中


DDT総選挙で1位に輝き王座挑戦権を獲得した木高

 DDT28日のエディオンアリーナ大阪大会で、KO―D無差別級王者の坂口征夫(42)に挑戦する木高イサミ(34=プロレスリングBASARA)が、王座戦にかける思いを明かした。DDT総選挙で1位を獲得したイサミが背負うものは、ファンの民意と来年1月に旗揚げを控える新団体の未来。DDT初の関西ビッグマッチのメーンに立つ男の胸中は――。

 

 木高はDDT総選挙で1位に輝き、同団体初の関西ビッグマッチでの王座挑戦権を獲得した。DDT所属でないにもかかわらず、新日本プロレスとのダブル所属で活躍する飯伏幸太(33=長期欠場中)ら並み居る人気選手を押しのけて大役を務めるまでに至ったのは、10月に解散したユニオンプロレスのファンの支持によるところが大きい。

 

 フリーとして活動していた2005年の再旗揚げ時に入団したユニオンは、10年間在籍し続けた「家」だった。「2008年とかそのくらいは、新木場(1stRING=小規模会場)も1列ずつしか(席が)並んでないような時期もあったけど、弱小だからこそやれたこともありました。プロレスをさせてくれて、ありがとうと思ってます」。波瀾万丈の団体を最後まで根強く応援し続けてくれたファンの声に、木高も結果で応える必要がある。

 

 そして負けられないもう一つの理由は、ユニオン解散後に自身が中心となり旗揚げする新団体の存在だ。最終所属選手のうち有志6人が集まった新団体「BASARA」は、来年1月21日に東京・新宿フェイスでの旗揚げ戦を控えている。現在はその準備に追われ多忙な日々を過ごしている。「10年前にただのクソガキだった自分が総選挙で1位になってKO―Dに挑戦する。そんなヤツがBASARAからも生まれてほしい。僕がドシッと構えて、若い子らにとって倒しがいのあるヤツでいたいじゃないですか。僕がKO―Dを取ったら後輩たちにも背中を見せられる」。かつての家への感謝と、新たな「家」の家長としての意地を胸に、DDTの最高峰の王座を奪いにいく。

 

 公称172センチ、75キロの小柄な肉体に批判的な声を浴びた時期もあった。07年には頸椎椎間板ヘルニアで長期欠場を余儀なくされ、引退が頭をよぎった時期もあった。

 

 それでもプロレスラーであり続けることを諦めなかったのは「プロレスが楽しいから。それ以外にないですよ」。大日本プロレスではデスマッチの王者になり、結果を残すことで周囲の雑音をかき消してきた。KO―Dは今回が4度目の挑戦。反骨心を力に変えてきた男が、大阪でのビッグマッチで頂点を狙う。

 

 ☆こだか・いさみ 1981年9月27日、神奈川・横浜市生まれ。2002年7月18日、K―DOJO千葉大会、松本大介戦でデビュー。総合格闘技スタイルでDDTエクストリーム級王座など数々のタイトルを獲得し、大日本参戦後はデスマッチファイターとしてのポジションを築く。08年5月からは宮本裕向とのタッグ「ヤンキー二丁拳銃」としても活躍し、14年まで大日本最侠タッグリーグ戦3連覇を達成。今年10月のDDT総選挙で史上最高得票を獲得して初の1位に輝いた。172センチ、75キロ。得意技は勇脚など。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!