• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【天龍引退興行】藤田VS諏訪魔 禁断の初対決は消化不良のまま終了

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【天龍引退興行】藤田VS諏訪魔 禁断の初対決は消化不良のまま終了


藤田(左)と諏訪魔の初対決は消化不良のまま終了した

【天龍引退興行:第10試合】禁断の初対決は消化不良のまま終了した。藤田は関本大介(34=大日本プロレス)を、一方の諏訪魔は岡林裕二(33=同)をパートナーにして対峙すると、試合前からヒートアップ。ところが、リング中央でニラみ合ったまま、3分間近く微動だにしない。観客席からブーイングと怒号が飛び交う異様な空気になった。

 たまらず動いたのは藤田だ。右の張り手を一閃すると即座に諏訪魔もやり返す。そのまま取っ組み合いの乱闘になり、もはや制御不能になった。それでも大日本勢の2人が何とか立て直し、諏訪魔が関本にコブラツイストを仕掛けると、負けじと藤田も岡林に決めて“競演”する場面もあったが、直後には場外戦で机が飛び交う展開に…。試合を成立させたのは、天龍引退後のプロレス界を背負っていく岡林と関本だ。最後は岡林が関本をゴーレムスプラッシュで沈め、BJW認定世界ストロングヘビー級王者の貫禄を見せつけた。

 試合後、マイクを握った藤田が「諏訪魔、分かってるよな? 俺は年末が楽しみでしょうがねえんだよ」と向けると、大ブーイングと「大日本コール」が浴びせられる。しかし、諏訪魔は「今日は天龍さんの引退試合のリングなんだよ! お前が考えるリングに上がる気はねえ!」と、改めて藤田が見据える大みそかのIGF(両国)や年末格闘技イベントでの一騎打ちを拒否した。

 返答を受けたバックステージの藤田は大荒れで「何だあれ? 終わらしてほしかったら『怖いです』って言え。人の目をまともに見れねえやつが、俺に勝負を挑むなんて100万年早い。これで終わりだ。話になんねえ!」と事実上の抗争終結を宣言。ついに実現した夢対決は、これが最初で最後になってしまうのか――。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!