• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 天龍源一郎“完全燃焼”17分超熱戦の末オカダ・カズチカに屈す

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天龍源一郎“完全燃焼”17分超熱戦の末オカダ・カズチカに屈す


オカダ(左)の顔面にグーパンチを叩き込む天龍

“ミスタープロレス”天龍源一郎(65)の引退試合「革命終焉」が15日、東京・両国国技館で行われ、新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(28)と対戦した天龍は17分27秒、レインメーカーに沈んだ。

 午後6時55分、暗転した場内を切り裂き「サンダーストーム」が鳴り響く。天井まで埋まった国技館の大歓声に迎えられた天龍は、オカダをにらみつけて臨戦態勢だ。

 ロックアップで組み合い、あいさつ代わりの逆水平チョップでオカダを場外に出すと、おきて破りの逆レインメーカーポーズを決める。さらにロープを上げて、招き入れるしぐさで挑発した。

 まずは天龍が先手を取ったが、その後は防戦一方となる。低空ドロップキックを頭に食らって首、アバラを絞め上げられた。片足で踏みつけられる屈辱も味わった。

 ここで天龍の顔色が変わる。セントーンをかわし、四つんばいになったオカダに体ごと預けた頭突きを3連発。さらに顔面キックで蹴り上げた。たまらずコーナーに逃れたオカダに、逆水平チョップ、グーパンチの雨アラレ。ブレーンバスター、WARスペシャルと大技で畳み掛ける。

 10分過ぎにはオカダのレインメーカーをカウンターのグーパンチで阻止。両ヒザをついたオカダに、低空の延髄斬りを見舞った。そしてパワーボムで担ぎ上げると、クラッチせずに落とす荒技を披露。オカダの首はぐにゃりと折れ曲がった。

 試合はついに15分を超え、天龍のグーパンチ、オカダのドロップキックの激しい打ち合いになる。しかし、最後はレインメーカーにフォール負け。見事な大往生だった。

 逆水平18発、グーパンチ16発を浴びせて完全燃焼した天龍は、超満員札止めとなる1万522人の観衆に見守られ、格闘生活53年のレボリューションを終えた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIIゴールドカップレース】平原康多 関東の結束力アピールする優勝
吉沢純平が青板バック過ぎから突っ張り、番手の平原康多が4角から抜け出して優勝した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!