• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > いざ東京ドーム!オカダがAJ下しIWGP初防衛

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いざ東京ドーム!オカダがAJ下しIWGP初防衛


最後は執念のレインメーカー連打でオカダ(右)がAJを退けた

 新日本プロレス12日の両国国技館大会でIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカ(27)が、AJスタイルズ(37)の挑戦を退け初防衛に成功した。来年1月4日東京ドーム大会では、内藤哲也(33)との挑戦権利証争奪戦を制したG1クライマックス覇者・棚橋弘至(38)とのV2戦が決定。プロレス界年間最大興行は、2年連続で「オカダVS棚橋」の黄金カードとなった。

 

 7月の大阪城ホール大会でベルトを奪った前王者との再戦は、お互いに手の内を知り尽くした超ハイレベルな攻防の連続となった。オカダは20分過ぎに高角度ジャーマンからレインメーカーを炸裂させるが、AJのセコンドについていた「バレットクラブ」にレフェリーのカウントを妨害されてしまう。

 

 雪崩式ブラディサンデー、カーフキラーとAJの反撃を許したオカダだったが、最後はコーナーポスト上での攻防が勝敗を分ける。デッドリードライブの要領でAJをリング上に投げたかと思いきや、左腕で相手の体をつかんだまま引きつけてレインメーカー一閃。そこから怒とうのレインメーカー3連発で激闘に終止符を打った。

 

「ドームまでにベルトを輝かせないといけなかったんで。ふさわしい相手だったと思います」とAJを称賛したオカダは、年間最大興行に堂々王者として出場することが確定。G1クライマックス覇者の棚橋が権利証を死守したことで、2年連続のドーム頂上決戦が決定した。

 

 今年のドームでは棚橋に敗れ、クールな男が珍しく涙を流して花道を引き揚げた。オカダ自身はあくまで「泣いてないっす」と言い張るが、プロレス界最大の舞台で輝けない自分自身への悔しさは隠し切れなかった。3年連続でドームでIWGP戦を戦っているオカダも、2度は棚橋に試合で敗れ、2014年もファン投票で棚橋と中邑真輔のIC戦の後塵を拝して、試合がセミに降格している。それだけにドームで棚橋を打倒することが、現在の最大のテーマだ。

 

「毎年今年こそって思ってますけどね。レインメーカーらしくない唯一の場所ですから。本当のところはドームで何年連続とかいう記録があるっていうのが小さい話で、1年に何回もドームをできるようにしたいわけですから」

 

 新日プロに新たな歴史をもたらした男が、いまだ乗り越えられない最後の壁。来年こそドームに、カネの雨を降らせる。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!