• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > ゼロワン・大谷 本気のジュニア再転向

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼロワン・大谷 本気のジュニア再転向


高岩(右)とのコンビで約15年ぶりにジュニアのベルトを巻いた大谷

 異例の再転向だ。23日、ゼロワン東京・後楽園ホール大会で減量に成功した大谷晋二郎(43)が高岩竜一(43)をパートナーにNWAインターナショナルライトタッグ王座を奪取した。

 

 高岩のラブコールを大谷が受ける格好で今回の挑戦が実現。一時期はストレスによる暴飲暴食で108キロまで増量したが、この日の公開計量では99・7キロでパス。リミットの100キロを切ることに成功した。

 

 初代IGWPジュニアタッグ王座も獲得(1998年8月)した2人だ。体重さえクリアすれば怖いものはない。焦った王者の菅原拓也(31)、“brother”YASSHI(33)組が奇襲に出たが、高岩が慌てずに超竜ラリアートでなぎ倒すと、大谷もフライングニールキックを発射してキレのある動きを見せる。

 

 最後は「ジュニア7冠王者」時代をほうふつとさせるスワンダイブ式ミサイル弾が菅原の後頭部にグサリ。この一発で3カウントを強奪した。

 

 同じく高岩とのコンビによる第4代IWGPジュニアタッグ以来、シングルも含め約15年ぶりに軽量級のベルトを巻いた大谷は「またジュニアの最強タッグを目指す。ただのジュニア再転向じゃねえぞ!」と豪語した。

 

 この日のセミではインターナショナル&世界ジュニアヘビー級2冠王者・田中稔(42=W―1)がV3に成功するとリングに上がり無言の挑発。重圧を受けた王者の口から「次は大谷晋二郎とタイトルマッチだ!」と約束を取り付けた。やや調子に乗っているような気がしないでもないが、とにかく“ジュニア戦士・大谷”が華やかに再スタートを切った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!