• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > みのる暴挙!美央相手に勝手にGHC戦


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みのる暴挙!美央相手に勝手にGHC戦


みのる(左)は美央を大の字にさせ、GHC王座防衛に成功した

 女子プロレス「WAVE」の東京・後楽園ホール大会で、ノアのGHCヘビー級王者・鈴木みのる(47)が独断で防衛戦を敢行した。

 

 この日は主戦場とするノアが栃木・小山で大会を行っていたが、デビュー当時から親交があり9月20日に引退する紫雷美央(27)と一騎打ちをするためWAVEに参戦した。GHCベルトを誇らしげに持参して入場すると、レフェリーに何やら指示。何とこの試合にベルトがかけられることが宣言されてしまった。

 

 これで目の色を変えた美央だったが、みのるは本気で潰しにかかる。容赦ない蹴りで悶絶させると、チョップ1発で吹っ飛ばす。相手が動けなくなると「来いよブス!」「さっさと引退しちまえ!」「試合放棄してみろ」と罵詈(ばり)雑言を浴びせ、最後はゴッチ式パイルドライバーで格の違いを見せつけた。

 

 美央をたたえた性悪王者は「俺はローのギアからひとつも上げてねえから。まあ、さわったことがない領域に触れてみたいというのが、最後の願いだったんじゃねえか。何たって、俺は日本プロレス界の先頭を走っているから」とケロリ言い放った。

 

 みのるには、2006年11月に風香と当時保持していた3冠ヘビー級王座防衛戦を強行した前科がある(もちろん非公認)。今回もGHCタイトル管理委員会の許可なくタイトル戦を強行したわけで、ノアの西永秀一統括本部長は「そんな話何も聞いていません。当然、防衛戦として認めません!」と大激怒。当然ながら公式記録として認めない方針だ。それでもみのるは「急にベルトをかけただけ。何もねえ」と素知らぬ顔だった。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!