• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 鬼教官復活!永田がG1で元付け人のオカダを再教育

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼教官復活!永田がG1で元付け人のオカダを再教育


かつて永田の付け人を務めていたオカダ(左)。ミスターが鬼教官に戻る

 新日本プロレスのミスターこと永田裕志(47)が10日、「G1クライマックス」(20日、札幌で開幕)で初対決するIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(27)に恐怖の予告を放った。かつての付け人との禁断師弟対決に向け、永田は「岡田かずちか」時代を指導した鬼教官へと再び変貌を遂げる。

 

 真夏の祭典史上最長記録を更新する17年連続出場となる永田はBブロックにエントリー。2月にIWGPインターコンチネンタル戦で敗れた中邑真輔との再戦(25日、高松)と並んで注目を集めるのは、IWGP王者・オカダとの初シングル戦(8・12、後楽園)だ。

 

 今でこそレインメーカーとして確固たる地位を築いているオカダだが、海外武者修行前の2008年から09年までは、幸か不幸か永田の付け人を務めていた。オカダは6日のIWGP奪還一夜明け会見で永田との対決を質問されると、約1分間の沈黙の後「…特にありません」と複雑そうな表情を浮かべている。

 

 これに対して永田は「まあ、俺なりに解析するとだな、触れるとヤバイ、大ヤケドするんじゃねえかとでも思ってるんじゃないの? もしも足元をすくわれたら…とかさ。へっへへ」と相変わらず超ポジティブな姿勢。その傲岸(ごうがん)不遜な態度は本家レインメーカーを超越している…。

 

 しかし永田が精神的優位に立てるのも事実。付け人だった「岡田かずちか」時代を深く知る男なのだ。「確か後楽園大会だったかな。アイツが俺のスーツケースを忘れてきたことがあったんだよ。翌日道場で(罰として)スクワット1000回やらした記憶があるな。いまだに根に持っているかは知らないけど、試合となればもっと根に持つことをやってやろうかな…」と、リング上で鬼教官ぶりを復活させるという。

 

 この日の新潟大会ではタッグ戦に出場し、47歳とは思えぬ好コンディションを披露。リング上ではしばしば白目をむく永田だが、その目が黒いうちは、まだまだ元付け人に好きなようにさせないつもりだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!