• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > ブロディ暴挙!キングコングニーで素人を病院送り

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロディ暴挙!キングコングニーで素人を病院送り


ブロディは“素人”のディンクさん(下)に容赦ないキングコングニー弾

【お宝写真館】7月17日は“超獣”ことブルーザー・ブロディ(享年42)の命日にあたる。プエルトリコで不慮の死を遂げてから今年で27年。写真は全盛期のブロディが必殺のキングコングニードロップを決めている瞬間だ(1981年10月6日、宮城県スポーツセンター)。しかし相手はレスラーではなく“素人”。しかもドリー・ファンク・ジュニアの長男ディンクさん(当時20)だったから大騒動となった。

 

 この日、ドリーは弟のテリーと組み上田馬之助、バック・ロブレイ組と対戦。試合はファンクスが勝ったものの、最後にブロディが乱入。

 

 リングサイドで観戦していたディンクさんがリングに制止に入り、大乱闘に巻き込まれてしまった。

 

 当時のディンクさんはテキサスA&M大学に通う学生。旧知の仲とはいえど“素人”が手を出したことに超獣は激怒した。ボディーに蹴りをブチ込んで必殺のキングコングニー一撃。ディンクさんは口からゲホゲホと血を吐きマットで運ばれて退場し、救急病院に運ばれた。当時の本紙では次のように報じている。

 

「ブロディは『リングは神聖なもの。上がってくる者には容赦しない。それがプロレスなんだ』とリング上の“治外法権”を主張した。一方、息子を血祭りに上げられたジュニアは『絶対に許せん! 9日は息子の敵討ち。ブロディを殺してやる』と狂ったように叫び誰も近づけない。9日、蔵前国技館のインターナショナル戦は王者・ジュニアの“敵討ちマッチ”の様相を呈してきた」

 

 確かに一理ある…。ディンクさんは病院で治療を受けた後に深夜列車で帰京。翌7日には緊急帰国した。9日の蔵前大会ではドリーが大暴走して反則負け。王座から転落してしまった。

 

 ブロディはこの7年後にプエルトリコで刺殺され、74歳のドリーは今でも現役バリバリ。ディンクさんはプロレスに進むことなく大学を卒業後、なんと医師になった。2010年にはその息子(ドリーの孫)が「ドリー・ファンク4世」としてプロレスデビューを果たしている。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!