• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 曙感激!馬場さんのキャデラック届いた!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

曙感激!馬場さんのキャデラック届いた!


馬場さんのキャデラックを贈られ、バンザイする曙

 全日本プロレスの3冠ヘビー級王者・曙(46)に25日、創設者の故ジャイアント馬場さん夫人で取締役相談役の馬場元子さん(75)から、馬場さん愛用のキャデラック(約600万円相当)が贈呈された。

 

 馬場さんとキャデラックの縁は深い。ライバルで盟友だった元WWWF(現WWE)王者のブルーノ・サンマルチノ(79)からプレゼントされたことをきっかけに、全日本旗揚げの1972年から亡くなる99年まで愛用した。

 

 和田京平レフェリー(60)によると、数台乗り換えたものの、プレゼントされたものと同じ「クリーム色の車体&革張りの屋根」にこだわったといい、曙に贈呈されたのも同じデザイン。98年5月に登録され、ナンバーは「16文キック」にちなんで「16」だ。

 

 元子さんは「私が思うチャンピオンはみんな大きい。早くこういう(曙のような)人が出てきてほしかった」と顔をほころばせた。キーを受け取った曙は運転席に座ると「最高! 今探してもこんな車はない。毎日磨くから練習が少なくなる」と冗談めかしながらも大感激の様子だった。

 

 実は過去にも、譲渡の話はあったというが「馬場さんに申し訳ない」と断ってきた曙。だが、元子さんから馬場さんの思い出話を聞くうち、次第にその愛車に乗りたい気持ちが高まっていった。

 

「取締役」「ベルト」に続いて馬場さんと3つ目の接点を手に入れた元横綱。王道マットの象徴となるべく、防衛ロードをまい進する。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!