• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > ついに実現!天龍父娘対談「早く結婚しろ」「100点満点の嫁になれる」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに実現!天龍父娘対談「早く結婚しろ」「100点満点の嫁になれる」


1993年度MVPのトロフィーを手にする天龍(右)と紋奈代表

 11月に引退するミスタープロレス・天龍源一郎(65)。初めて実現した愛娘の天龍プロジェクト・紋奈代表(31)との「父娘対談」を一挙公開します。これがミスタープロレスの生きざまだ。

 ――改めて親子として顔を合わせると

 天龍:天龍プロジェクト(2010年4月設立)を始めてから24時間365日顔を合わせているからな。最近では昔、俺が付き合っていたネーチャンの家から、通っていた飲み屋まで全部教え込んでいるんだよ。隠すものは何もないし、もう怖いものはない。俺も63歳だし、いつポックリ逝っても安心だな。

 紋奈代表:65歳でしょ。縁起でもないこと言わないで。

 天龍:生まれる前は男の子とばかり思っていてね。「龍稔(たつとし)」って名前に決めていたんだ。「龍が実る」って意味で。女の子なら「紋奈」だなと。

 紋奈:私が生まれた日のテレビ中継で「天龍選手、本日、娘さんの紋奈さんが誕生しました」って倉持さん(隆夫=日本テレビアナウンサー)が実況してくれてるんです。

 天龍:オウ。ちょうど全日本でタイガー・ジェット・シンとか上田馬之助が暴れてる時期で、俺はジプシー・ジョーとシングルマッチだった。会場(埼玉・熊谷市民体育館)に着いたら「おめでとうございます。女の子です」ってスタッフから伝えられた。一番調子こいて上昇機運だったころだなあ。しかし手のかからない子だったよ。男の子みたいで。

 紋奈:小学校6年間の朝食は大将が作ったプロテインですよ。バナナとリンゴとヨーグルトが入っていてすごくおいしい。「これで昼まで持つから」って。おかげで体はこんな丈夫になりました。

 天龍:ガーッとシェークして蜂蜜を入れてな。昔、ロッキー・ジョンソン(ザ・ロックの父親)と子供の話になってね。娘にプロテイン飲ませてるって言ったら「おお、お前もそうか。俺んちもそうだ」って喜んでいたよ。その結果がロック様と紋奈とは…。

 紋奈:私、小1のホームルームで「何か言いたいことがある人」と先生に言われたので、手を挙げて「昨日、お父さんが馬場さんとモメて全日本プロレスを辞めました」と発表したことあるんですよ。周りはポカンとしてたけど。それぐらい物心ついた時から「プロレスラー天龍源一郎の娘」でしたね。

 天龍:銀座で飲んで朝帰ると、そのまま小学校まで送ってったなあ。ブーンって正門に黒いベンツ乗り付けてバーンってドア開けて…。

 紋奈:上級生に「プロレスなんて」とか「本当に痛いの?」なんてイジメられるのは日常茶飯事でした。全日本を辞めた時(1990年)はピンポンダッシュされたり車のガラスを割られたり…。でも、こっちだって負けられない。何か言われたらランドセルをブンブン振り回すような娘でした。「何か文句あるか」って。弱みを見せたら負けだと思って生きてきました。

 ――お父さんを大将と呼ぶようになったのは

 紋奈:WARを手伝い始めた中2の時から。だって父の職場で「お疲れさまです、お父さん」とは言えないでしょう。

 天龍:そこで俺が知恵を入れてね。相撲時代に横綱は何十回と優勝を重ねると「大将」って呼ばれてた。当時は社長でもないし、だったら大将にしようかと。

 紋奈:その時期から、いつも家にいない人が、いつも一緒にいる人になった。でも幼稚園から二十歳になるまで毎年ハワイに連れて行ってくれたのは感謝してます。当時は家族だけじゃなく何十人という社員も養っていたわけですから。

 天龍:オウ。俺はWARの14年間、一度も給料の遅配はなかった。それは俺と女房(まき代夫人)の誇りですよ。

 紋奈:でも中3の時かな。大将が新日本さんのG1クライマックスに出場した時、優勝賞金(1000万円)で何か買ってやる、何が欲しいって言うから「新しい勉強机!」ってお願いしたんですけど…。

 天龍:カーッ、嫌なこと覚えているなあ。

 紋奈 2日目(トーナメント準々決勝の橋本真也戦)でアッサリ負けちゃって。帰りの車中で「やる気が見えなかった」「面倒くさかったんでしょう」って罵声を浴びせ続けました。

 天龍:…。

 ――父親として望むことは

 天龍:早く結婚しろとは言うんだけどね。まあこれまでの彼氏は全部紹介してくれてるから、そういう部分で不満はないが…。

 紋奈:忙しい合間にポツリと「彼氏と映画でも見に行けよ」なんて言われる時は「父親」を感じます。でも天龍プロを旗揚げしてから、この5年間は本当に「プロレスラー天龍源一郎」と24時間一緒にいたので、どこの家に嫁いでも100点満点の嫁になれると思う。来られたほうは迷惑でしょうけど、準備はできてますよ。

 天龍:赤井沙希とどっちが先に嫁に行くかだな、フフフ…。

 紋奈:お会いしたことはありませんが、沙希ちゃんとなら気が合うと思います。

 ――その赤井選手とは父娘タッグ対決の話も浮上した

 天龍:(レスラーとしてデビューする)夢は夢としてかなえてあげたいなと。本人はもう断念したと言ってるけどね。一回リングに上げたいというのが正直な気持ちですよ。エキシビションでも何でもいい。これは引退前の夢としてかなえたい。

 紋奈:プロレスの夢は15歳の時にもう諦めてます。やるなら完璧にやらないと。「天龍の娘は、この程度か」って思われるのは絶対嫌ですから。

 天龍:こんな気の強い娘といる俺は本当につらいな。坂口一家の征二さんみたいだな…。

 紋奈:意味がよく分からない。

 ――最後の最後までベストバウトを狙うと公言している

 天龍:オウ。功労賞だけなら授賞式に行かないからな。最後までMVPとベストバウトを狙っていくよ。それでもしMVPに選ばれても「私は辞める人間ですから、オカダ君か棚橋君にあげてください」と辞退する。カーッ、それをやったら本当に北島三郎だよね。

 紋奈:こんな調子ですから。11月の引退試合だって相手も決まっていないし、引退した後なんて想像もつかない。辞めても根本的に何も変わらないと思うけど。

 天龍:相撲を辞めてプロレスに入った時も、朝目が覚めると「何寝てんだ、稽古しなくちゃいけない」と焦ってウロウロしてたんだよなあ。プロレスを辞めてからしばらくはそんな時期が続くかもしれない。

 紋奈:それは同感ですね。でも今がこれまでで一番忙しくて、一番世間的に有名になっている。大将はいつも自分を超えるんだなあと。来るべき時が来た瞬間、一番そばに寄り添えることに感謝してますよ。

 天龍:WARでケツの毛まで抜かれたので、老後は田舎に引っ込んで年金に頼って暮らすしかない身ですから。引退後の取材は○○村、字何とかまで来てもらうので、大変だと思うけど、バスと電車を乗り継いでよろしく。ポックリ逝ったとしても、葬式は紋奈の好きな通りにやってくれ。

 紋奈:お願いだから縁起でもない話はやめてください。プロレスラーではない父を見るのは初めてになるんですが、何も変わらないんじゃないですかね。カブキさんのお店(東京・飯田橋)で飲みながら他人の悪口を言ったり…。

 天龍:東スポにはプロレス大賞のMVPを4回、ベストバウトを8回ももらって感謝している。あの群雄割拠の時代で俺を選んで初めてMVPをくれた時(86年)はカーッと闘志に火をつけてくれた。引退決意の1面(2月8日付)でスッキリした感もあるね。まあ最後まで頼んだよ。

 紋奈:引退試合が終わったら、ゆっくり2人でお酒を飲みたいですね。母は飲めないので運転手で(笑い)。あとハワイに連れて行ってください。

 天龍:分かりました。

☆てんりゅう・げんいちろう=本名・嶋田源一郎。1950年2月2日、福井・勝山市出身。63年12月に大相撲の二所ノ関部屋に入門。前頭筆頭まで進んだ後に76年秋場所で廃業。同年10月に全日本プロレス入団。11月13日に米国・テキサス州のテッド・デビアス戦でデビュー。86年に天龍同盟を結成。同年から3年連続プロレス大賞MVPに輝く。ジャンボ鶴田と名勝負を繰り広げ3冠ヘビー級、世界タッグ王座などに君臨。90年4月全日本退団。5月にSWSの旗揚げに参加。92年7月にWARを旗揚げ。94年1月にアントニオ猪木をフォール。同年5月には大仁田厚と川崎球場で電流爆破マッチ、96年には高田延彦と激闘を展開。98年からフリーとなり、99年12月には史上最年長IWGP王者に。2010年に天龍プロジェクト設立。プロレス大賞MVP4回、ベストバウト8回獲得を誇る。現在はバラエティー番組に多数出演中。189センチ、120キロ。 

☆しまだ・あやな=1983年7月8日、京都府京都市出身。天龍、まき代夫人の長女。中学時代からWARのスタッフを手伝い、天龍経営の「鮨處しま田」(2009年12月閉店)勤務を経て10年4月、天龍プロジェクト旗揚げと同時に代表に就任。168センチ、体重非公表。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!