• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 洋央紀が史上初のIWGP&インターコンチ統一戦構想

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋央紀が史上初のIWGP&インターコンチ統一戦構想


後藤(右)は中邑の胸に鋭いキックをめり込ませた

 5月3日の新日本プロレス福岡国際センター大会でIWGPインターコンチネンタル(IC)王者・中邑真輔(35)に挑戦する後藤洋央紀(35)が27日、天下統一の野望を掲げた。IC王座は中邑が独自路線で確固たる地位を築いたが、後藤は3年前の王者時代になし得なかった目標を実現するべくシフトチェンジを予告。史上初となるIWGPヘビー級王座との統一戦を見据えている。

 

 IC王座が現在のようにIWGPと並ぶ「2大王座」となる転機は、2012年7月の中邑初戴冠で間違いない。昨年には1・4東京ドームのメーンイベントにIC王座戦を“昇華”させた中邑の功績は大きく、逆に中邑にICベルトを奪われた後藤からすれば王者としての差を見せつけられた格好で、何とも立場のない話だ。

 

 となれば今回の福岡決戦で返り咲きを果たし、中邑を上回る王者像をつくり上げる必要がある。後藤は「中邑が(ICの)価値を上げたというのは認めざるを得ない。ただ同じことをしてもしょうがないしね」と秘めた思いを明かした。

 

 見据えるのは、史上初となるICとIWGPの統一戦だ。「IWGPとどっちが上か、白黒つけてもいいんじゃないの? 統一戦。それができるのは俺しかいないし、俺がやるからこそ意味があると思っている」。あえてIWGPと一線を画す独自路線を確立させた中邑とは正反対の発想だが、一つの団体の同じ階級に同等価値のベルトが2つあるならば「統一王者」を目指す人間がいても何らおかしくはない。

 

 しかも後藤にはIC王者だった12年5月にIWGP王者オカダ・カズチカとの「王者対決」で敗れた苦い過去がある。当時はIWGPのみがかけられた一戦だったが、両王者の対戦は以降一度も実現していない。雪辱を期し虎視眈々とダブルタイトル戦の実現を狙っていた矢先に中邑にベルトを奪われており、荒武者の天下統一は前回王者時代に果たせなかった野望の続きでもある。

 

 この日の博多大会では中邑と前哨タッグ戦で激突。激しい打撃戦を展開し、同期へのライバル心をさらに燃え上がらせていた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・SG「第21回チャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!