• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 鈴木秀樹がW-1王座奪取

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木秀樹がW-1王座奪取


KAI(上)をドラゴンスープレックスで投げる鈴木

 W―1が旗揚げ以来最大の危機を迎えた。1日のW―1東京・後楽園ホール大会でW―1チャンピオンシップが行われ、王者・KAI(31)が鈴木秀樹(35=フリー)に敗れて初防衛に失敗。外敵にベルトを奪われる失態を演じた。

 

 3・13新宿大会では裸絞めで失神に追い込まれる(結果は両者リングアウト)など、前哨戦では押されっ放しだったKAI。汚名返上を期して臨んだ王者はゴング直後からトペにLAT(変型ポールシフト)と大技を畳み掛け、武藤敬司から王座を奪ったスプラッシュプランチャで早々に勝負に出る。しかしこれを剣山で返されると一気に形勢逆転。裸絞めで再び半失神に追い込まれ、最後は人間風車を食らいカウント3。わずか6分57秒という短さで完敗を喫した。

 

 試合後は、浜亮太(35)が挑戦をアピールしたが、新王者は「安易な防衛戦はしない。何もしてこなかったやつが、急にアピールして『はい、挑戦決定』みたいなことはしたくない」とツレない返答。続けて「武藤さんだけは別枠。必ず引きずり出す」と不敵に笑った。

 

 名前を出された武藤は「団体の代表としては面倒くさいことになるというのが正直なところ。でも、一レスラーとしては面白いことになりそうという印象もある」と話すにとどまった。最強の象徴を奪われたW―1マットに、大荒れの予感が漂ってきた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!