• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 洋央紀 中邑のIC王座に標的変更

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋央紀 中邑のIC王座に標的変更


中邑に宣戦布告した洋央紀

 新日本プロレスの荒武者・後藤洋央紀(35)が1日、IWGPインターコンチネンタル王者・中邑真輔(35)に宣戦布告を放った。当面の標的をIWGPヘビー級王座からIC王座に変更し、高慢王者から特権を剥奪するという。

 

 春の「NEW JAPAN CUP」で準優勝に終わった後藤は、3・22尼崎大会の8人タッグ戦でも中邑にフォール負け。「情けないのがいた」「何の主張もござらんね」などと名指しで罵詈雑言を浴びていた。

 

 ここまで言われて黙ってはいられない。後藤は「俺も人間。あんなに上から目線で言われたら腹立つしね。NJCに出てない人間が何言ってんだ」と怒りをあらわにする。中邑の挑発はIC戦線の沈静化に伴い敗退勢に活を入れる目的があってのもの。新日本一単純、いや一本気な男の反応はある意味でIC王者の注文通りの気もするが、ともあれ闘志に再び火が付いたのは吉兆だ。

 

 何より許せないのはIC王座にふんぞり返る中邑の姿だ。IWGPとの「2大王座制」が確立されIC王者がNJC出場を免除されるようになったのは2014年から。後藤が同ベルトを保持していたIC黎明期の12年はそうもいかなかった。

 

 そんな中で後藤は見事同年のNJCを制覇した実績を持つ。「王者対決」となったその後のIWGP挑戦失敗だけが黒歴史に見られがちだが、リスク度外視で奮闘した姿は現在の中邑とはあまりに対照的。「アイツとは感性が違う。俺とそこまで差があるとも思ってない」と、お高く留まった王者に反発心を抱くのは当然といえる。

 

 後藤は「あの上から目線の根本を絶ってやったっていい。それを奪ったらもう何も言えねえだろ」と、NJC前から明言していたIWGP狙いからIC挑戦へのシフトチェンジも予告。「準優勝だからって何が残っているわけでもないんでね」と、まずは中邑との抗争で結果を残し、王者の逃げ道をなくすつもりだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ競輪祭】小倉競輪場で20日開幕!
注目選手のインタビュー、推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート「SGチャレンジカップ」「GⅡレディースチャレンジカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!