• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 武藤破りW-1王者!KAI“電流爆破で防衛戦もOK”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武藤破りW-1王者!KAI“電流爆破で防衛戦もOK”


スプラッシュ弾3連発で武藤敬司(下)からフォールを奪ったKAI

 電流爆破マッチで防衛戦だ! W―1、8日の東京・後楽園ホール大会でW―1チャンピオンシップが行われ、KAI(31)が武藤敬司(52)から悲願の王座奪取。「誰でもどんなリングでも戦う」と誓った。

 

 序盤は百戦錬磨の王者にペースを握られた。トペをかわされて左腕を負傷すると、キーロックにチキンウイングと腕殺しのフルコース。さらには必殺の月面水爆をモロに食らい、万事休すと思われた。

 

 だがこれはヒザに爆弾を抱える王者にとってもろ刃の剣だった。KAIがカウント2・9で返すと、流れが急転。すかさずスプラッシュ弾3連発を決めてベルトを奪い取って見せた。

 

 新王者は「いつ何時、誰の挑戦でも受ける。W―1が盛り上がるなら何でもします」と所信表明。「何でも」というなかには、昨年8月に初体験した電流爆破マットでの防衛戦も含まれているという。

 

「自分は何にでも乗っていくのがチャンピオンだと思っている。憧れの存在だった大仁田(厚)さんも、そういう考え。どんな試合スタイルでもやります」と新王者は断言。「ただ、肌が強いほうではないので蛍光灯デスマッチは無理かな…」とジョークを交えつつ“新しいW―1”をつくるために身を削る覚悟を決めた。試合後には、挑戦を表明した鈴木秀樹(35)と“視殺戦”を繰り広げたKAI。まずは、この難敵をクリアしなければW―1の未来は開けてこない。

 

 一方、秋山準(45)との3冠ヘビー級戦(2012年3月20日)以来、実に約3年ぶりのシングル戦黒星となった武藤は「正直、荷が下りた部分もある」とすがすがしい表情。今後については「俺がおしとやかになると、裏の顔が出てくるんだ」と、グレート・ムタ降臨の日が近いことをにおわせた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!