• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 天龍引退興行に主要3団体が全面協力

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天龍引退興行に主要3団体が全面協力


本紙で現役引退を表明した天龍

 本紙が1面(7日付)で報じたミスタープロレス・天龍源一郎(65)の引退はプロレス界に衝撃を走らせた。

 全日本プロレスの秋山準社長(45)は昨年末、「引退するから(ジャイアント)馬場さんの『十七回忌特別大会』(1月31日、後楽園ホール)に出してもらいたい」と要請を受けていたことを明かした。天龍にとっては天国の馬場さんへの「引退報告」だったようだ。

 さらに、天龍が11月に行う予定の引退試合についても、全日本としては「こちらの試合がない時なら当然、協力します。天龍さんがおっしゃってくれるなら(引退前に)うちに上がるのもウエルカムです」(秋山社長)と話した。

 一方、業界の盟主である新日本プロレスの菅林直樹会長(50)は「東京ドーム大会をはじめ、数々のビッグマッチで新日本の歴史に名を刻んだ選手。もしも引退興行ということで協力要請があれば、前向きに検討をしたいと考えています」とコメント。天龍はIWGPヘビー級王座の最年長戴冠記録(49歳10か月)を保持しており、功労者の一人でもある。新日プロの協力があれば、ビッグマッチ実現も十分可能だろう。

 また、ノアの丸藤正道副社長(35)も「個人的には(要請があれば)協力を惜しむつもりはない。何かと協力してくれた方だし、これからのプロレス界を俺たちに任せてくださいという意味も込めて」と前向き。天龍と縁の深い新日本と全日本、そしてノアの主要3団体が全面協力を約束したことで、最高の花道が用意されそうだ。 

 一方、全日本の渕正信(61)だけは「実感が湧かないな。体調は、絶好調ではないんだろう。ちょっと気弱になったのかな。でも打たれ強くてタフな人間だから、ちょっと休んで怖い天龍源一郎が復活したら、『またやるぞ』ってなるかもしれないよ」。エールの意を込め早くも“復帰”を期待していた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!