• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【プロレス大賞:殊勲賞】全身全霊ファイトの石井は昭和プロレスの体現者

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【プロレス大賞:殊勲賞】全身全霊ファイトの石井は昭和プロレスの体現者


飯伏(左)との激闘はベストバウト候補に。まさに全身全霊のファイトだった

【プロレス大賞:殊勲賞】殊勲賞は並み居るエース級を押しのけ、新日本プロレスの石井智宏(38=新日本プロレス)が初受賞した。2月にNEVER無差別級王座を奪取。5月の飯伏幸太戦はベストバウト候補にも挙がる充実ぶり。ファンの支持は絶大なものがあり、新日マットになくてはならない存在だ。

 

 選考委員会ではノアのエース・丸藤正道との決選投票を1票差で上回った。内館牧子特別選考委員からは引退した鉄人・小橋建太の後継者に指名され、他の選考委員からも「どこへ行っても手を抜かない」「明日死んでしまうかもしれない」などと全身全霊ファイトに称賛の声が相次いだ。

 

 受賞を受け、本紙が取材に向かうと石井は横浜にある、なかがわにし鍼灸接骨院で治療中だった。突貫ファイトの代償で巡業後は治療を欠かさないほど体はボロボロ。他のレスラーからは「このスタイルでは長くない」「体もたないよ」と言われることも増えた。実はドクターストップもかかっているが、石井は「関係ないですよ。それが俺が見た昔のレスラーのすごさ。このスタイルで短いレスラー人生が終わっても何の後悔もない」と平然と言い放った。

 

 根底にあるのは天龍源一郎、長州力の遺伝子。「20年前、俺ぐらいの身長といえば、ほぼレスラーがいない時代だった。それを拾ってくれた天龍さん。さらに何ステップも上に上げてくれた長州さんですかね。この2人の教えがなかったら今の俺はいない」。数少ない昭和プロレスの体現者は「俺がいつも心がけていることが評価されたことに関しては素直に受け止めたい」と表情を緩ませつつも、これで満足しない。「一番興味あるのはベストバウトだからね」と目を光らせた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!