• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 新日マットを連日悩殺!マリアの正体

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新日マットを連日悩殺!マリアの正体


元WWEトップディーバのマリア

 新日本プロレス「ワールドタッグリーグ」に参加しているマリア・ケネリス(32)が人妻&女子大生となって初の日本長期ツアーを満喫中だ。

 

 元WWEディーバのマリアは同リーグ戦に出場している米国ROHのマイケル・ベネット(29)、マット・ターバン組のセコンドとして連日活躍。何ともセクシーな姿で観衆はもちろん対戦相手も魅了している。

 

 実はかねて交際関係にあったベネットとは、今年10月10日に結婚。愛の証しとしてウエディングベルトも持参している。マリアは「3年前から彼は私にメロメロなのよ。今は日本でハネムーンってとこね。いろいろな街を回っているけど日本はとてもすてきだわ」とのろけてみせた。

 

 米国ではロードアイランド州に在住し、プロレス以外のことにも挑戦中だ。昨年から同州のジョンソン&ウェールズ大学へ通い、イベントマネジメントを専攻。2010年に退団した古巣のWWEから奨学金を受けている。「WWEとは現在もとてもいい関係。プロレスを辞めた次のステップのために勉強していて、将来はレスリングのプロモートや、ウエディングプランナー、チャリティーイベントのプロデュースをやりたいの」と目を輝かせた。

 

 ちなみに新日プロでは02年に元WWEディーバのジョーニー・ローラー(チャイナ)が試合をしたが、マリアは「私にはパワーがないから無理よ」と苦笑い。それでも「新日本はとても素晴らしい会社だと思うわ。夫もエキサイトしているし、そばで見るのは楽しみよ」と“継続参戦”を熱望。新日マットから麗しき人妻・マリアが姿を消さないためにも、ROH勢の奮起に期待だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!