• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > カズ&近藤が初代W-1タッグ王者

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カズ&近藤が初代W-1タッグ王者


ベルトを巻いたカズ(左)と近藤

 W―1、30日の後楽園ホール大会で行われた「W―1初代タッグ王者決定リーグ戦」は、カズ・ハヤシ(41)、近藤修司(36)組が優勝決定戦でAKIRA(48)、征矢学(29)組を下して優勝。初代タッグ王者となった。

 

 準決勝でKAI、浜亮太組を下したカズ組は勢いに乗っていた。痛めているAKIRAの右足に非情な集中砲火を浴びせて動きを封じると、残る征矢にも2人がかりで猛攻を仕掛けた。

 

 ハイライトは25分すぎだ。近藤がキングコングラリアートをAKIRAに命中させると、カズが水車落としの体勢で抱えて首から落とすパワープラントを2発決めて、激戦に終止符を打った。

 

 ベルトを腰に巻いた2人は感無量の表情。2012年の全日本プロレス「ジュニアタッグリーグ戦」で優勝経験があるものの、タッグ王座はこれが初の栄冠となった。

 

 だが、余韻に浸る暇はない。即座に征矢組が再戦を要求してきたからだ。新王者組は、防衛戦の相手として認める代わりに、征矢が優勝を逃した際の罰ゲームとして掲げていた「ヒゲ習字」の実行を要求。さらには「タイトル戦でも俺らに勝てなかったら、AKIRAもそのロン毛で習字をしろ」(近藤)。何だかよく分からないが、AKIRAと征矢がこの条件をのめば、7日の大阪大会で初防衛戦が組まれそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!