• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > ヤンキー二丁拳銃が大日本「最侠タッグ」3連覇


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤンキー二丁拳銃が大日本「最侠タッグ」3連覇


宮本(左)はコーナーの小林目掛けて蛍光灯とともにアタック

 大日本プロレス「最侠タッグリーグ」優勝決定戦(21日、後楽園ホール)で“ヤンキー二丁拳銃”宮本裕向(32)、木高イサミ(33)組が、伊東竜二(38)、アブドーラ小林(38)組を撃破。史上初の3連覇を飾った。

 

 リーグ戦は「デスマッチブロック」と「ストロングブロック」に分かれて行われたが、この日の準決勝を勝ち上がったのはデスマッチブロックの1位と2位。そのため、優勝決定戦は自動的に蛍光灯デスマッチが採用されることになった。

 

 しかし、1位通過に気をよくしたのか、小林が「決勝は蛍光灯200本デスマッチだ!」とぶち上げ、蛍光灯の“増量”が急きょ決定。この時点でメーンが地獄絵図になるのは確定的だ…。

 

 案の定、試合が始まると蛍光灯を手にしばき合いが始まり、瞬く間に全員流血。さらに、頭突きに、チョップ、サッカーボールキックにいたるまであらゆる技に蛍光灯を絡ませ、会場にガラスの白いモヤがかかる異常事態となる。

 

 しかし蛍光灯の大量消費後は肉弾戦に。頭突き合戦を制した宮本が、月面水爆からファイヤーサンダーでガラス&血まみれのマットに小林の脳天を串刺しにし、そのままカウント3を奪取した。

 

 試合後マイクを取った宮本は「今までで一番きつかった。年のせいかな…」とこぼしつつも「次は4連覇だ!」と雄たけび。傷だらけの腕でトロフィーを高らかに掲げた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!