• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 格闘技の火は消さない DEEPが大晦日さいたまSA興行を開催


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格闘技の火は消さない DEEPが大晦日さいたまSA興行を開催


さいたまSAでの大晦日格闘技イベントは数々の伝説を生んできた(写真は2007年の大晦日「やれんのか!!」)

 総合格闘技団体「DEEP」が大みそかにさいたまスーパーアリーナ大会を開催することが5日、本紙の取材で明らかになった。“格闘技の聖地”での大みそか決戦はPRIDE、K―1、DREAMが中心となり2001年以降12年連続で開催されてきたが、昨年は行われず日本格闘界の低迷を象徴していた。この現状を打破するためDEEPの佐伯繁代表(45)が立ち上がり、2年ぶりの大会開催を決意。大みそかに再び格闘技の「熱」を取り戻せるか。

 

 

「このままやらないと、大みそかから格闘技の火が消えてしまう。春くらいから『誰もやらないのなら俺がやる』と言ってきた。決めたのは9月末です」(佐伯代表)

 大みそかイベントは、2000年代に巻き起こった格闘技の一大ブームの象徴そのものと言っていい。中でもさいたまスーパーアリーナ(SA)は格闘技ファンの聖地的存在だった。

 2001年に格闘技イベント「猪木祭」が同会場へ進出。03年からは「PRIDE男祭り」が定期開催され、格闘技イベントを中継する地上波テレビ局とNHK「紅白歌合戦」との視聴率争いも話題となった。2005年の吉田秀彦VS小川直也の「平成の巌流島決戦」では同会場に4万9801人(主催者発表)の大観衆を集め、人気はピークに。PRIDE崩壊後の07年以降も「やれんのか!」「Dynamite!!」「元気ですか!!」「DREAM」と数々のイベントが継承した。

 ところがついに昨年、さいたまSAで大みそかイベントを開催する団体が現れず、12年間続いた歴史が途絶えてしまった。IGFの両国大会は行われたものの、さいたまSA大会消滅は近年の格闘界低迷を象徴する出来事だった。現在では「大みそかの風物詩」もボクシング世界戦に取って代わられてしまっている。

 ここに立ち上がったのが総合格闘技の老舗・DEEPの佐伯代表だ。危機的状況に瀕する業界の起爆剤となるため、さいたまSAでのビッグイベント開催を決意。「テレビ的な問題もスポンサーも全てこれから。見切り発車ですよ。でも、誰かがさいたまの大みそかをやらないと」と、看板を復活させるためには強行突破も辞さないという。

 現段階でカードは未定だが、佐伯代表は「マジメにやっている日本の格闘技の現在進行形を見せたい。女子の試合、タイトルマッチや、他団体さんとの対抗戦も組めれば」と明かす。友好団体のパンクラスや修斗などにも強力を要請し、運営にあたっては実行委員会も設ける予定。会場も今年9月のUFCさいたま大会と同規模となる。

 大会名は「DEEP DREAM IMPACT」となることが決定的。旧PRIDE・DREAMの系譜を意識したものであることは間違いない。“伝統行事”の復活が日本格闘界逆襲ののろしとなるか、注目だ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!