• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 【IGF両国大会】石井流血で王座陥落 ミルコに額割られドクターストップ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【IGF両国大会】石井流血で王座陥落 ミルコに額割られドクターストップ


ミルコ(左)の強烈なパンチが石井の顔面をヒット

 IGFの総合格闘技大会「INOKI GENOME FIGHT 2」は23日、東京・両国国技館で開催され、注目のIGF選手権は挑戦者ミルコ・クロコップ(39)が王者・石井慧(27)を2R2分37秒、ドクターストップで撃破し、新王者となった。

 5分3RのIGFルールで行われた一戦、石井は元K―1戦士のジェロム・レ・バンナをセコンドに従えて入場。ゴングと同時にミルコは圧力をかけるが、石井は冷静にミルコの左ミドルをキャッチしてテークダウン。パウンドでじっくり攻めた。ただ、3分過ぎに下から放たれたミルコの左ヒジ打ちが石井の頭を直撃。石井はいきなり額を割ってしまった。

 2R、それでも石井は焦らず攻めたが、流血が止まらない。パンチを放つ際に目測を誤る場面もあり、一気にベテランのミルコのペースへ。試合は3度目のドクターチェックの末に止められ、ミルコの勝利。不完全燃焼とはいえ、ミルコのしたたかさが石井の若さを上回った。

 ミルコは総合格闘技では、2006年のPRIDE無差別級GP優勝以来のタイトル。2007年から参戦したUFCでは10戦して4勝6敗と負け越した。オクタゴンでは結果が出なかったが、リングに戻ってベテランが本来の強さを取り戻した。

 

【ミルコの話】ベルトを手にできて、言葉にならないくらい感動している。石井がグラウンドでくるのは予想していた。(石井のドクターストップは)彼の安全のためにも仕方ない。再戦? 問題ない。いつでも戦うし、私は大みそかの試合に出ることも決まっているからね。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!