• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 新日スーパージュニア4強!KUSHIDA“遠縁”田中効果だ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新日スーパージュニア4強!KUSHIDA“遠縁”田中効果だ


ヤンキース・田中とソックリで話題のKUSHIDA

 新日本プロレス6日京都大会「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」Aブロック公式戦でKUSHIDA(31)が獣神サンダー・ライガーを撃破。4強入りを果たし、決勝大会(8日、代々木)に駒を進めた。

 

 4勝2敗でライガーとの最終戦を迎えたKUSHIDAは、序盤から両足を攻められ大苦戦。それでも執念で耐え抜くとホバーボードロック(旋回式サクラバロック)でギブアップを奪いブロック1位通過を決めた。

 

 5度目の出場にして初のベスト4入りの原動力となったのは、ヤンキースのエース・田中将大の存在だ。田中とはお互いに周囲から「顔がソックリ」と言われる縁から、ツイッターを通じ交流していた。米国遠征中の現地時間5月14日には、ヤンキー・スタジアムでの登板日にバックネット裏に招待され、メジャー初完封を目撃。後日に関係者を交えた食事会に招かれ初対面も果たした。

 

「試合への集中力の高め方とかすごく勉強になりましたし、スーパージュニア前に最高の刺激を受けた。田中選手も『僕もよく(似てると)言われますよ』って言ってたし、“遠い親戚”として応援してもらってます」

 

「マー君効果」で自身も快進撃を続けるKUSHIDAは「スプリットの握り方も教えてもらいました(注・それはあまり意味がない)。せっかくなんで決勝トーナメントではそれにちなんだ技を出したいですね」と豪語。「マサヒロ・タナカ」と命名予定のストレートパンチ発射も予告した。

 

 またリコシェも2位でAブロックを通過した。4人が勝ち点8で並んだBブロックは直接対決の優劣でアレックス・シェリー、田口隆祐が勝ち上がったが、シェリーが左肩関節損傷でドクターストップ。1位は田口、2位にタイチが繰り上がり、ベスト4が出揃った。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!