• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 弾丸ヤンキースが正攻法でタッグ2冠王に

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弾丸ヤンキースが正攻法でタッグ2冠王に


杉浦は五輪予選スラムで谷口を葬った

 31日のノア東京・ディファ有明大会で行われたGHCタッグ選手権は田中将斗、杉浦貴の“弾丸ヤンキース”が、王者のマイバッハ谷口、森嶋猛組を撃破して第31代王者となった。ヤンキースはゼロワン5・6後楽園大会でNWAインターコンチネンタルタッグ王座も奪取しており、タッグ2冠王に。混迷するノアの軍団抗争から大きく抜け出た格好だ。

 

 圧巻のフィニッシュだった。杉浦が飛龍原爆で谷口を投げ捨てると「ここへ決めろ!」とばかりマットに座り込んだ鉄仮面の首を固定する。そこへ田中がこん身のスライディングD。間髪入れずにハレンチ王が必殺の五輪予選スラムで谷口を沈めた。2月の「グローバル・タッグリーグ戦」でも圧倒的強さを見せた弾丸ヤンキースが、ついに念願のGHC王座を手中にした。

 愚直なばかりの正攻法だった。15分経過のアナウンスまでは、超危暴軍の大原はじめ、拳王を投入した森嶋組の王者らしからぬ無謀ファイトに耐え続けた。あえてセコンドを就けず真っ向勝負に徹したヤンキースは、ジッと反撃の時をうかがう。チャンスを作ったのは弾丸児・田中だ。雪崩式の合体ノド輪を受けながらも、森嶋の巨体を垂直落下式ブレーンバスターで投げ捨てる。

 さらには場外への机上ブレーンバスターを狙った谷口を、逆に田中が机に乗せて最上段からスーパーフライを叩き込む。一瞬のECW殺法で完全にペースを握ったヤンキースは、スーパーフライの競演(仮称・スーパーハレンチ)で谷口を半失神にさせる。そして文句なしのフィナーレへ。GHCタッグ王座史上、久々に鋼(はがね)のようなゴツゴツしたチャンピオンチームが誕生した。

「実はきょうは僕の誕生日でした。24歳(注・実は44歳)になりました~」と試合直後には一転して、いつものハレンチ王に戻り、二流のアイドルのようにサラッと年齢詐称した杉浦に場内から温かいブーイング。ここ最近は妻や子供から家庭内でかなり冷遇されているらしくは、、最高の誕生日となった模様だ。

 王者組にはいきなり昨年の東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞最優秀タッグ賞に輝いたTMDK(マイキー・ニコルス、シェイン・ヘイスト)との初防衛が急浮上したが、今のヤンキースの勢いは誰にも止められそうにない。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!