• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > 中嶋勝彦 必殺技NO! 師匠・健介と決別!!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中嶋勝彦 必殺技NO! 師匠・健介と決別!!


 若武者・中嶋勝彦が10日、電撃引退した師匠・佐々木健介からの完全独立を宣言した。一番弟子にだけ許された健介の必殺技を継承することを“拒否”。北斗ボムや各種ストラングルホールドをこのまま封印し、自分の道を突き進むつもりだ。

 中嶋は2月11日の後楽園ホール大会で、ついに健介との一騎打ちに勝利。その直後、親父超えを許した健介は引退を表明し、現役生活に幕を下ろした。

 引退前に師匠の技を弟子が伝授されるケースはよくあるが、あまりに突然の引退劇で何の準備もできなかった。しかし、中嶋は継承する気は全くなかった。

「受け継ぐとしたら僕しかいないですが、佐々木健介というプロレスラーはもういなくなった。しっかり封印した方がいいかなと思います。技を引き継ぐと悪い言い方をすれば、引きずってしまうし、その技に頼ってしまいそうなので」。

 健介は引退試合も行わずにキッパリとプロレスと決別。代名詞だった北斗ボムやストラングルホールドが見納めとなるのはもったいない気もするが、中嶋はあえて健介の影を消す。特に北斗弾を開発したのは健介の愛妻・北斗晶で、夫婦の思いが詰まった一撃。自分が使うことは道理に合わないという。

 何よりも、健介の技を繰り出せば、そのたびに師匠の姿がフラッシュバックされる。中嶋は「見る人に重ねられちゃうのも…。自分が磨いて築き上げたものもありますので」。叩き込まれたプロとしての心構えなどは守りつつも、“伝承拒否”は健介から完全に独り立ちする決意の表れといえる。

 この日はノアの静岡・富士大会に参戦。20分近いタッグ戦の直後にバトルロイヤルにも出場して大暴れ。17日の後楽園大会がノア最終試合となるKENTAとのタッグ対決に向け、中嶋は「ノアを離れることを後悔させる試合をしたい」と気合を入れ直していた。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!