• 文字サイズ

東スポWebトップ > プロレス > プロレス > KENTA箱舟最終戦でマルケンコンビ復活

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KENTA箱舟最終戦でマルケンコンビ復活


シェイン・ヘイストにキックするKENTA

 ノアを退団したKENTAの“壮行試合”で約3年半ぶりにマルケンコンビが復活する。

 3日の東京・ディファ有明大会で4月30日に電撃退団を表明したKENTAは丸藤正道、シェイン・ヘイストとの3WAY戦に出陣。ヘイストから必殺のGAME OVERでギブアップを奪って、本拠地での“ラストマッチ”を白星で飾った。

 ライバル丸藤からは強烈なトラースキックからの不知火という手痛いせん別をもらい、ファンからは泣き声にちかい声援を浴びたKENTAは「あと1試合、すべての人に感謝の気持ちを込めて戦います」と約束。ノアでは最後の試合となる5・17後楽園決戦へ誓いを新たにした。

 さらには「丸藤さん、最後にもう一度、隣に立ってもらえますか」とリング上で直談判。丸藤もこれを快諾したため、2010年12月12日の川崎大会以来、約3年半ぶりとなる「マルケンコンビ」の結成が決定した。これにより当初予定されていたKENTA、杉浦貴組対丸藤、中嶋勝彦組戦はKENTA、丸藤組対杉浦、中嶋組に変更となった。

 03年の東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞最優秀タッグ賞に輝いた名コンビの復活にはKENTAも「ここまでやり合ってきて最後に並んでくれることに感謝したい」と感無量の表情。今夏にも米国WWE入りが確実視される男は、終生のライバルとの共闘によってノアでの戦いにひとまずのピリオドを打つ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

2019年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「友駿ホースクラブ愛馬会」「東京サラブレッドクラブ」「YGGオーナーズクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!